最近ガンになった方へ

先週の金曜日もそうでしたが、有り難いことに、病院でよく声をかけて頂けます。

その中で「最近ガンになって、色々調べてみたんですが◯◯って治療は、どうなんですか?」という質問を頂く事が多い。

ガンになったら本当に不安だし、コンビニの灯りに群がる虫みたいに色んなハイエナみたいな奴らが金目当てに集まってきます。(←失敬!)

なので、かなり私的な考え方かもしれませんが、ガンになった方々が騙されないように、参考になればと思い、気をつけて欲しい事を語らせてください。

 

なのでガンじゃない人や、ガン歴の長い人は、面白くないと思うので、誤字脱字を探したり、文字数を数えたりして楽しんでくださいね。

 

それでは松原が語る「騙されるな(初級編)」スタートです。

 

****

 

ガンになった人は、まずガンの事を知ろうとする。

その為にまず「検索」する。

そこでネットの中で無数に広がるガンの情報に混乱する。

何が正しくて何が間違っているのか。

選択を間違えると死ぬかもしれない。そんな恐怖と背中合わせで。

まず大前提に「◯◯をして、完治した人がいるんです。」「知り合いが治ったんです。」「医者もびっくりしてるんです。」とかの決まり文句は話半分で、鵜呑みに信じないで下さい。

そんな事を言い出したら「抗がん剤」「手術」「放射線」で治った人も山盛りいます。

化学治療や医者を否定して、自分たちの治療法だけを進めてくるところは基本怪しい。そんな自信がどこからやってくるのか不思議すぎるし、話しを聞いてても極めて信憑性の無い理屈を並べてくるだけ。

ま、これもあくまで松原の個人的な意見と体験であって、また全てを鵜呑みにしないでくださいね。科学的エビデンスも何もありませんのでw

ただ、松原の3年近くの闘病生活での経験を語ってるだけなので!

 

そして、ほとんどの人はまず最初にこんな流れを辿る。

病院で医者のいいなりで化学治療を始める

平行してネットなどで情報を集めると「抗がん剤は毒」「医者を信用するな」みたいなキャッチコピーを目にする。

そして様々な民間医療や高い自費治療に手を出していく。

 

あとは、砂糖とかお米とかブドウ糖はダメだとか食事について色々と敏感になっていく。

PETという検査はブドウ糖をエサにしてガンの所在地を調べるので、ブドウ糖はガンのエサだ!みたいな。

ガンのエサであることは間違いないかもしれないが、我々人間も生きていくのに必要なエサでもある。なので完全に絶つのはそれはそれでリスクもある。

松原も最初はかなり食べ物を意識した。四足歩行の動物、ブドウ糖に変わる炭水化物や糖分、白い食べ物、などなどを控えて、抗がん作用があると言われている“にんじん”や“ねばねば系”などを食べまくった。

でも結局、半年後にガンは進行して、薬を変えたら劇的また小さくなって、でも半年後にはまた進行して、、、、

1年ちょいで食べ物は関係無いとジャッジした。

そりゃ、多少は影響があると思うけど、よく考えてみたら、大昔はそんな沢山の種類の食べ物を食べれた訳じゃないし、絶対的に偏った食生活をしてたはずだし、海外だともっと偏っている。でも地域によってそんなにガン患者の数に影響は無いし、実際松原は好きな食べ物を食べまくって1年以上経つが、ガンは現状維持している。

パンも食べるし、スイーツも食べる。お酒も飲んでるし、お米も食べている。牛肉も豚肉も食べまくり。

栄養バランスを気にしてサプリも1年ぐらい頑張ってみた。毎月10万円ぐらい使って、栄養バランスを考えてサプリを飲んでみたが、もう辞めて半年経つけど何も変わらない。

大好きな友人が送ってくれるサプリも飲んでいたが、3ヶ月前に無くなってから飲んでいない。でもとりあえず問題は無い。

松原の身体だけを見てみると、食べ物は関係無い事が実証された事になる。

(とはいえ、1日に沢山の種類の食べ物をストレスにならない程度に意識して食べてはいます。)

 

そして、樹状細胞ワクチンとかビタミンCとか温泉とかも、基本的には効果が無いと松原は判断している。

「効果があるなら、保険適用になっている」とも思うし、温泉も毎日入っててガンが進行した時もあれば、1ヶ月以上入院生活でお風呂に入らずシャワーで生活したけどガンが小さくなったこともある。

そして民間療法の中には「保険適用に出来ない理由があるんです。」とか「これが世の中に浸透したら、製薬会社が潰れるので国が認めないんです。」みたいな事を言うセールスマンがいる。

「ほんなら治った奴いるんですか?」

って聞いたら、「いる!」と返ってくるけど、突っ込んで聞いていくと、一体その方が、どんなガンだったかも不明で、ステージも癌種も知らない。平行して抗がん剤治療をしてたかともわからない患者の例を出してくる。

いや、そんなんでどう信用したらええねん。

でも藁をもすがりたい素直な方は、ここで信じてしまう。

 

そんな確実に寛解された方がいるなら、ワイドショーとか週刊誌に話したらいいのに。今の時代、SNSもあるし、情報を揉み消されないでしょう。

それが出来ないなら、やっぱりその情報に信憑性は無いんです。

 

なので、結論から言うと

最近ガンになって悩まれてるみなさん!

 

まずは一番確率が高い化学療法を試して、もう手がなくなってから、民間療法に挑戦したらいいと思います。

化学療法も順番やら、タイミングなど凄い大事なので、そこは絶対に勉強した方がいいです。なので、同じガン患者の集まりとか、ブログとかで情報を集めましょう。セカンドオピニオンもどんどんやりましょう。それで気分悪くされる主治医なら変えましょう。一緒に戦ってくれる気の合う主治医を探しましょう。

そして松原の経験とうちの主治医の考え方で言うと、ギリギリまで薬をひっぱらずに、ちょっと悪くなったらホイホイと変薬して、体力があるうちに色々試した方がいいと思います。

あと、友達や周りの心配してくれているみなさんから沢山の善意で勧められるものも、お金がかからず副作用も無いものであれば試してもいいかもですね。

そうやって善意で心配して勧めてくれるお気持ちは大切にしたいですもんね。

 

そしてとにかく1日でも長く生きること。

松原がガンになってから、もうすぐ2つ目の薬が治験を通るし、ゲノム検査みたいな先進医療が登場しています。

1日でも長く生きる事が、長生きのチャンスを掴みます。

落ち込んでる暇があったら、長く生きる為に楽しい事をしましょう。

松原は偉そうに言える立場じゃありませんが、病気になったからって貴方の人生が全部病気になる訳じゃありませんし、これを利用して周囲に甘えたりして、違う2個目の人生を手に入れたつもりでワクワクしながら生きていきましょう。

そのうち、製薬会社や厚生省の矛盾や、病院のしがらみなどに違和感を感じることがあると思いますが、ブログとかSNSを始めてどんどん発信しましょう。多少の世の中を変えてやる的な使命感は生きる上でいい活力になると思ってます!

そして1日1日のワクワクを探しましょう!

毎日、不安だけどその分、生きてる実感があって楽しいですよーん。

 

***

以上、大雑把に偉そうに書きあげましたが、また機会あったら細かく書かせてもらいますね。生意気言ってすみません!

知りたい事があったらコメント欄に書いてくださいね。

 

そして、ガンじゃない人は如何でしたでしょうか?

え!?面白くなかったって?

 

やっぱり今回のガンの人じゃないと興味無い内容みたいですね、、、

その点、ガンの人はめっちゃくちゃ喰いついて見てくれていたと思います。

 

これが元になって出来た言葉が、

「ガン見」

と言います。

 

他にもガンから派生した言葉は沢山あって、

「ガングロ」や、「ガンガンいこうぜ」など麻雀用語並みに社会に溢れています。

是非、ガンになったばかりの新入生はガンから生まれた言葉を色々勉強してみてくださいね。(←みんな!早速、松原に騙されるな!)

57 Replies to “最近ガンになった方へ”

  1. そう思います!!!
    癌で闘病された有名人の中で『何故化学治療を受けなかった!?』と思うことが度々ありました。例えば女優さんで命より女としての見た目を重視したく手術や抗がん剤を拒否したなど理由はあると思うし、それは人それぞれだと思うけど、私個人的には命と同じくらいの声を失ったつんくさんのように化学治療を受け、一日でも長く生き、日々に感謝する人生を過ごしたいと思います。
    抗がん剤などの標準治療は大事!そして私は愛の力も絶大だと思っております!(松原さんは何事にも根拠がないことが大嫌いだと思いますが)
    松原さん、たくさんたくさん愛し愛されてくださいね★
    これからも応援しております!

    1. いえ!愛は大事です!!!笑

      確かに何事にも根拠は必要な人間ですが、
      沢山のみなさんの「愛」で体調がよくなったりしてるので、松原の身体でエビデンスがあります!
      標準治療も愛あってのことですからね!笑

  2. いざ、その立場になったら「藁にも縋る」となってしまう人も多いのでしょうね…。
    こうやって発信される松原さん、頭の下がる思いです。
    ぴっぴさんのコメントの「愛の力も絶大」ってのも間違いではないと思います。
    野郎ですが、愛してますよー!

  3. 「がんばる」という言葉も、松原さんのように癌になっても一生懸命楽しく気張って生きてる様を言うんですかね!
    是非ともがんばってくださいρ(′▽`o)ノ゙ガンバレー!!

  4. 磔磔に怒髪天×Ken Yokoyama見に行ってきたんですけど、河原町から向かう路地にある蕎麦屋に張り紙がしてあって。
    読むと店主がガンになって手術しまくりリンパ切除しまくりでもうあかんかもと、でもちょっと元気になったから無理ない程度に店再開しますって書いてあって。
    この店主の楽しみというか生きがいって店することなんやろなーって考えちゃう自分にびっくりした。きっとこのブログ読んでなかったらそんな無理して働かんくてもええやんって思ってたはず。

    人の考え方に影響与えるこのブログ危険やわ(笑)

    1. 磔磔いきたかった!1年前は出演者だったのに!笑

      店主はきっとそうなんですよね。おそらく何十年もやってきたから、もう仕事が生き甲斐だったり、自分の一部になってたりすると思います。
      松原も結局、仕事したくなってしてますもんねー!

      死ぬまでに高額な壺を売る仕事とかしてみたいなー!(←地獄行き)

  5. ぼくはまだガンになってませんが、絡みだした当初は今までスルーしてた情報に敏感になりました。

    身体にいいらしい、抗ガン作用があるらしい、ここの病院がすごいらしい。
    最初は何か力になれることはないか?とか色々情報を精査してお伝えしよかと恩着せがましいことも思ってましたが、自分が試してもないコトを勧めるのは無責任やし、ぼくが調べて得れるレベルの情報はすでに調べて知ってるはずやと思いすぐやめました。

    これめっちゃウマいらしい、話題のスイーツあるらしい、これオモロいんちゃうん?
    ワクワクすることやオモロいこと、美味しいものは身体にいいはずと、Tik Tokでスコスコ踊りインスタ映えしか頭にないようなOLが欲しがる情報に敏感です。

    ぼくの知りたい事は
    「うれしいとありがた迷惑の境界線」です

    (;´Д`A

    繊細さのかけらも無く、立ち位置も距離感もフル無視でズカズカといつもすいません。。

    #親戚のおばちゃんばりの押し
    #ジャイアンスタイル
    #ほんますんません
    #ぜんぶ松原さんのせい

    1. うわー、難しいし、それすごく大事ですねー!
      所謂「ありがた迷惑」ですよね。
      うーん、、、、これは本当に難しい。
      僕も沢山の情報が欲しいから、ガンを公表したんですが、結局すごい数の情報が集まって収集がつかなくなってしまったり、親身になってくれて断れなかったり、本当にこれは大変でした。
      でも押し付けさえなかったら、火のないところに煙りは立たないと思うので情報は伝えるといいかと思います!
      やるかやらないかは患者さんの判断ですからね!

  6. ほぅ(。・Д・。)ガンから発生した言葉…

    ……あぶない!釣られるとこだったww
    おはようございます松原さん。

    そうですね。今回のブログの内容には
    大いに賛成と、同感とリスペクトです。
    私も父が癌と分かった時点で、図書館から
    癌に関係する本を借りて、読みまくりました。私たち家族が知る必要があったから…何故なら、父には病名の告知をしなかったからです。自身の事はよく分かっていたようですが「病名を知るのは怖い」と言う本人の意思からでした。
    入院中は術後以外は殆どを、ガン仲間と一緒に大部屋で過ごしました。共に生きる。って言って、、

    出来ることは互いに少しでも、自身を発信し合う事で、自身も見つめる事になる。
    それはとてもいい事です。病気だろうと健康体だろうと関係なく思います。

    今日は朝から雨が降って来ましたよ
    ひと雨ごとに寒くなります
    カンチ や息子くんたちと一緒に
    ゆるり今日も越えて行きましょ
    *.\(‘ω’)/.*

    1. なるほど。そんなケースもあるんですね。
      知らないってことは僕からしたら逆に凄い勇気に感じます。不安だから全部知りたいと思ってしまうので。

      そして共に生きるのは大事ですよね。同じ境遇の方がいるのは凄い励みになります。

      最近目が回る忙しさなので、ゆっくりできる年末が楽しみです!ありがとうございます!

      1. お返事ありがとうございます。
        (〃・д・) -д-))ペコ
        うちの父は、ホントまれなパターンですw
        現実逃避ともいいますし…子供の様な人です。「生きる」と強い芯がある人で、私は精密検査の度に、気持ちが落ちてしまうのですが、なかなか父の様にはなれません( ̄▽ ̄;)

        忙しいのはいい事ですよね
        しんどいけど、生きてる事を強く感じるから。
        ゆっくり息子くん達と麻雀できる
        年末を楽しみに(●’д’)bファイトです☆

  7. ものすごく共感しながらガン見しました。

    病的に いろんな本を読みまくり、PCとにらめっこで、むしろそんな状態を心配されましたが、今の私には必要な時間だったと思います。

    その人、その人の性格にもよりますが、私は闘病中の方たちのブログを読んで重くなってしまった。その期間が苦しかった。

    そこで松原さんという人の存在価値。
    [ガン新人さんいらっしゃ〜い]な時期に、松原さんのふざけた(語弊)ブログを読めたら、すごくチカラがもらえると思う。
    もちろん新人さんだけじゃなく、ベテランさんも、ガンではない人も、人生頑張ってる人も。

    治療中ツラくても、待つ日だらけでも、同じ時間が過ぎるなら楽しく過ぎた方が良い。ぜったい。

    ガンガンいこうぜ!٩( ‘ω’ )و

    おーっ!٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و٩( ᐛ )و

    1. 人それぞれなので、なんとも言えませんが、にあさんには受け入れてもらえて幸いです。
      僕も最初、ネットで調べまくってたどり着いた同じ病気の方のブログに落ち込みました。
      副作用が怖くなったし、色々不安になりました。
      だから松原は大いにふざけたいと思ってこのブログを書いてるので、受け入れれない方がいる覚悟もしてます。
      でも怯えずガンガンいきまーす!
      いつもありがとうございますー!

  8. 松原さん、凄いわ…やっぱ。って思っちゃいました。癌が分かって今まで色々経験されたからこそのこの説得力。

    私は良性の患者ですが、病気になって何箇所もの病院、科を巡って、その度に待合室にデカデカと

    『ガン患者さまへ』とか『緩和ケアのご案内』とか掲示されてますが、じゃあ果たしてそこまで寄り添ってくれるのか?でもやっぱ私もそうなったら必死に相談行くだろうな…とか考えてたんですが、

    やはり松原さんに相談が一番ですね٩(^‿^)۶
    …って思っちゃう程。

    はぁ〜、なんだか勉強になりました!ありがとうございます!!

  9. 私は今年の5月に白血病が発覚!現在抗がん剤治療中です。確かに色々検索しては泣いたり安心してみたり。最近は周りの方から温泉やサプリメントを勧められることが多くなってきました。松原さんの今日のブログを読んで、心は決まりました。化学療法と主治医を信じて頑張ります!ありがとうございました

    1. ちょっと責任重大ですが、、、
      でもそうやって「決める」って大事だと思います。「やっぱりあれもやろうかな」とか「あれもやらなきゃ」とか言ってたらキリが無いので、決めた道を信じて治療頑張ってくださいね!僕も頑張ります!
      温泉もサプリも否定はしませんが、本当に治るならもっと浸透してると思います!

      1. お返事ありがとうございます!めっちゃ励みになります。今年は治療優先なので、ポル超行けないかもです。5月かLIVEもフェスも封印…でも、元気になった時の楽しみにして頑張ります。松原さんにもいつか必ずお会いしたいです。寒くなって来たので風邪には気をつけましょう。

        1. 横入りすんません。
          シロさん、応援してます!!
          必ず病に勝って、一緒にモッシュしましょー!!!

  10. 病気は違いますが、私も病気をして、当たり前だったことが当たり前ではなかったことに気づけて、本当に良かったし、それに気づいてからの人生が今、第二の人生なのかなって思ってます。
    学生時代にひとりぼっちだと思った日々もあって、でもだからこそ、今の友達が本当に大切に思えます。一周回ってからじゃないと気づかないことってあるんですね。

    1. ほんとそうっすよね。
      みんな「当事者」にならないと気がつかないんですよ。
      だからぼくたちは病気を経験して、他の病気を経験してない人より成長するチャンスをもらえたんですよ!このチャンスを絶対生かして、かっこいい人生を共に過ごしましょーねー!

  11. あ!えの!一周って生まれ変わりとかじゃないですからね!生きて、生まれ変わってる!今!今の松原さんですよ)汗
    現世でいっぱい、色々教えてください!
    (情熱と失礼の間)

  12. 松原さんの言葉にはいつも力があります!
    今現在は癌ではない僕もすごく勉強になるし、生きた知識として未来に役立てたいと思います!

  13. はじめてコメントさせて頂きます。
    2ヶ月ほど前、父の癌が発覚しました。
    1度目の手術後、2度目の手術のタイミングを見ているところです。
    父はいままさにネットで集めた情報や友達からのいろいろな情報にまみれていて、松原さんの言う通り「四足歩行の動物のものは癌の原因」「白い食べ物は悪い」などなどすごく食べ物や生活に関してナーバスになっていて、癌に効くお水(高価)やお茶(効果)などを買い、水分を摂ったほうがいいといいたくさん飲んでいます。
    高価なサプリメントも同じようなものを何種類も飲んだり、自分から癌の臭いがすると言って部屋を消臭したり、、。
    毎日料理を作る母もまいっていて、、、でも本人がそう思っているところに「そんなの関係ないよ」とも言えなくて。。
    化学療法を拒絶しているわけではないのですが、お金もかかることなので、きちんとした治療のためにとっておいた方がいいという家庭の現実もあり、途方に暮れています。
    そう言う時期に周りが出来ることがあればアドバイス頂けるとありがたいです。。

    1. コメントありがとうございます。きっとお父さんも家族の為に生きなきゃ!って焦って奮闘していると思います。何が正解なのか?それこそ思い込みのプラシーボ効果だってあるだろうし、無責任な事は言えませんが、僕は確率の高い保険適用の化学療法がとりあえず優先すべきだと考えていますので、「食事はあんまり関係ないみたいよ。だってこのブログやってる人が言ってるよ。」ってスクショでもして見てもらうのでは説得力無いですかねー。もちろん年齢とか体質とかもあると思うんですが、“焦って過剰に敏感になる”のは絶対ダメだと思うので、死んで当然ぐらい楽な気持ちで治療された方がストレスや負担がかからないと思います!参考になるかわかりませんが、お父さんとの時間を大切に後悔なくワクワクした日々をお過ごしくださいね!

      1. ご丁寧な返信ありがとうございます。

        父も不安だろうけど私も不安で、、でも焦って過剰に敏感になる、のがダメなのは周りもですよね。

        松原さんのブログ紹介してみます!
        そして頭ごなしに否定するのではなく、でも後悔しないようにキチンと話をしてみようと思います。

        少し気持ちが軽くなりました。
        ありがとうございました。

  14. ガン見の語源が知れてよかったです♡
    流石物知り松原さんっ♡

    これからも1日でも1時間でも1分でも長生きして私たちに色々教えてください♡

      1. 松原さんは褒めるとこいっぱいすぎて5年や10年でも言いきれないぐらいです(笑)
        松原さん、最高!
        松原さん、男前っ!
        あとは、ええっと…、
        あ!!
        松原さん、面白いっ!

        続きはまた来年言います♡

  15. 松原さん、こんばんは!!
    今現在、ガンでなくても、いつどうなるか分かりません。
    今日もガン治療を始めた友人から連絡があり、セカンドオピニオン等の話をしました。

    今は最終の手術が決定した段階で。
    これが終わってから、また次は再発の不安と闘うことになるんですよね…。
    一先ず5年。

    ただ、ご縁なのか、結局隣県の病院で、執刀医も私の姉と同じ先生になりそうです。
    私としても色んな面で安心しました。

    後悔の無いように、出来る限りの情報を得られたら…と考えますよね。

    松原さんのblogとはまた違った段階ではありますが、今後、何かあった時にここを覗けば気持ちが整えられる、そう言う心の支えがあることが、今は大切だと思いながら読み終えました。

    松原さんの生き方を見ていると、気持ち次第で、こんなにも意義のある、輝きのある人生になるのだな…といつも感じています。

    1. 光栄すぎて恐縮ですが、その言葉を裏切らないようにこれからも恥ずかしくない生き方をしていこうと思います。
      「いつどうなるかわからない」とは本当にその通り。このブログを読んでる人の中にも知らないだけでガンの人がいるかもしれない。そんな人が検診に行くきっかけを作る事が出来たらブログをやってる冥利につきます。

      お友達の支えになって、互いに色んな事を一緒に学んで成長出来たらいいですね!
      松原も負けずに生きていきまーす!

      1. こんばんは!
        ご丁寧に返信をありがとうございます。

        はい、自分に出来る限りの事はしていきたいです。
        日々、松原さんのblogから学ぶ事が沢山あります。
        たまには期待を裏切って下さいね(^^)
        無理をされず、医療の進歩に希望を持って、治療が繋がって行くことを願うばかりです。

  16. 松原さんに質問です。
    高校の時の同級生が、末期ガンになり地元に戻ってきました。
    今は緩和ケア病棟にいます。
    先週お見舞いに行った時に、喋るのもやっとでした。記憶や認知力はあります。
    そんな友達には何て声をかけてあげたら元気になるのでしょうか?
    食事もほぼ食べれず、牛乳が飲み込めないときもあります。

    1. あくまでその人の性格によると思いますが、僕は死にかけた時にあんまり哀れがられたりすると悔しかったので、「頑張っててすごいなー」とか「君だからここまで生きてるんだよ!さすが!」みたいに褒められたら嬉しかったです!
      同情とか可哀想みたいなテンションだと「舐めるな!俺はお前より幸せじゃー!怒」みたいに思ってしまう所があるので、松原の場合はそうでした!
      人それぞれの性格によると思いますが、どんな言葉にしろそこに嘘なく、愛情が溢れていればきっと大丈夫だと思います。参考になったかわかりませんが、ご友人の支えになれればいいですね。こんな回答ですみません。

      1. 松原さん、ありがとうございます。
        お友達は昨夜、あと数日との宣告をされたとのことでした。
        明日のお見舞いでは意識がないかもしれないかもしれませんが、頑張ったな!って声かけて来たいと思います。
        丁寧にお返事いただき、ありがとうございました!

        追伸 ここのblog毎日チェックしています。そしてMUNA SEAのカードお財布に入れてます(笑)

  17. 松原さん、こんばんは^_^
    うちの場合は、最近母がガンになりましたに当てはまります( ・∇・)
    でも、もう高齢でボケも始まって家族が介護に入った位に見つかったので、手術も出来ないし、抗がん剤も体力的にもたないので、でもどんどん大きくなるので、今ポーアイにある、がん低侵襲医療センターに放射線治療に行って放射線当てる方法で少しでもがんが小さくなるような感じに治療する方法を選択しました。母がもっと若くて体力もあって、自分の病気を認識出来るボケてない状態であれば、きっと家族でもっと他に色々方法はないか、とか、考えれただろうし、もちろん、きっと、松原さんのこのブログにも助けられたと思います。
    今も元気な自分も充分助けられてますけどね( ・∇・)皆んなそれぞれ、症状はもちろん年齢、性別、家庭環境、状況、様々ですけど、それぞれがぴったりな治療方法が一番なんですよね^_^ホントに困ってる方々皆んなベストな解決方法が見つかるのを切に願っています。

  18. 松原さん、こんばんは。
    家族の者が、癌の放射線治療を終え、現在癌は消えております。
    今は元気です。
    このまま、再発しないことを祈っています。1日でも長く生きてほしいです。
    とても参考になります。
    ありがとうございます。

  19. 職場の先輩が数人、闘病しながらお仕事もされているので、その方々への配慮といいますか、対応?声のかけ方とかが松原さんのブログを見てて物凄く参考に・・・・・・。

    いや、頼りになっています!
    そんなこと言うの?ってなったとしても、ほらこんなおもろいガン患者さんのブログがあるんすよ!って言い逃れることが出来るという安心感がありますさかいに(*´∇`)b

  20. おそようございますm(__)m

    いきなりガンって告知されたら、正直誰かにすがりたいし、ワンチャン変な宗教だって入っちゃう勢いw

    でも、今回のブログで救われる人がいると思いますよ。 マジで。

    もちろん個人差はあるかと思いますが、気持ちの教科書としては、いいと思います。

    ただ、う◯この記事とか、ドヤってる記事には注意してって、前置きしときますw

    松原さんのガンの完治ブログになることを祈ってますよ。( ロ_ロ)ゞ

  21. いつもブログ読ませて頂いてます。
    私も2年前に癌を告知された時毎日毎日ネットで色々検索したり、ブログ見たりしましたた。

    2年前に手術と抗がん剤、放射線治療して、いまは経過観察です。
    食べ物を気をつけたら、生活見直したら、、再発や転移はないのかな、
    と思ったけど結局いまは好きな物食べて、お酒も飲んで、過ごしてます^ – ^

    色々無理するより家族とwanimaのライブに行ったりハイスタの映画見たりこのまま過ごせたらいいかなって。

    また読ませていただきます(´∀`)

  22. はじめまして
    松原さんのことは新宿JAMにいた石塚さんから聞いておりました。

    僕は余命半年言われてから早6年のがん患者です。同じように効かなくなったと言われた抗がん剤を気休めにやったら劇的に効いたりしてきましたが、今月10回目の再発とリンパ節転移が見つかって、いよいよやることなくなってきてます(^^)

    治療はやることなくなってきましたが、他にやることあるだろ?

    と「これからがんになる(かもしれない)人」に向けたライブイベント「ドヤフェス」なるのを始めて2年経ちます。

    お互い「死ぬ死ぬ詐欺師」として面白くいきられたら…と勝手に思っております。

    いつか「死ぬ死ぬ言うてすんません」会見を出来る日を楽しみにしております。

    いきなりのコメントすんません。

  23. さきほど身内がガン告知受けました。
    二人に一人はガン、って聞いてたけど、実際対岸の火事くらいに思ってたんです。
    うーん。やっぱり、ショック受けました。
    そして自分の今後のライブ予定が危ういとか罰当たりなこと考えちゃったり。
    話を聞いたり不安を取り除く相手になれたらなって思ってます。

    できるかな。

  24. いろいろされてきて、今があるんですね。私も信頼できるドクターに出会えて化学療法しました。
    今のところ、再発はしてませんが、松原さんよりも長生きするって決めてます!
    たしかに、病気になったことで2個目の人生楽しんでます。前よりも、生きてるっていう実感と毎日が楽しくすごせています。

    そして、松原さんを知ることができたことが、またハッピーです。

  25. ゲノム治療、来年保険適用というニュースいまみたよ!
    ただ適用が限定的だったのが多少気になるけれど、治験?の状況なら問題なしなのかな
    いろいろ間に合え!って思います

  26. 松原さん٩(。•ω•。)وこんにちは。

    松原さん・・・ガン見!どころか2度見3度見して、時間のある時にコツコツ書いてたコメントを、間違えて全部消しちゃって、新たに書いています。(><)しょっくー

    わたしの父も化学治療からでした。
    父は、癌がわかった時は余命半年でした。
    5年も生かせてもらいました。
    あまり選択肢が無く、骨全体に転移してた冗談でわかり、藁にもすがる思いで1回30万の抗がん剤だとか、放射線治療とか、プロポリスとか、サルノコシカケとか、タモギダケとか他にも良いというものは出来るだけ試しました。

    民間療法などは、化学治療と併用していく事が前提かなと思っています。
    実験や研究をしてた理系の友人が居るのですが、日々医学は進歩しているし、たまたまなのではないのかとか、はっきりと物言いする(勉強になる)友人と、
    再発で転移してステージ4と告知をされた方が、化学治療と、それプラスαで実際に良くなった方も近くに居て、
    色々と調べて考えて、化学治療の体力的負担を、民間療法などで軽くしていく(免疫力向上させていく)のが、良いようなザックリした説明ですけど。
    そんな感じに思ってました。
    病院に頼らないなんて、とてもこわくて出来ないです。

    父の時に思っていたけれど、働きながら治療して亡くなる2週間前まで働きました。
    ・・・これだけ頑張ってきたのだから、残りは今迄、我慢して出来なかった事をして欲しいなと、結局ギリギリになって気付いて、させてあげられなくて、
    親不孝だなと思いました。
    今年、両親が大切にしてきたものを、護ることにシフトチェンジしました。
    今年めいっぱい助けて貰ったのは、ロットンと松原さんのブログ2本立てです。

    そんなこんなで、年末の挨拶みたいになりましたが、まだハイスタロットンと、ポル超などのレポや、カンチくんや、いろいろ楽しみにしてますので、
    ご無理なさらずブログの更新まってます( *^艸^)

  27. ガン見しました笑

    1年前、ステージIIIの大腸癌になり、2度の手術に抗がん剤治療。

    私に色々言ってくるのは自分で勉強し対処しますが、母の不安を煽り健康食品を売りつけようとする人達がいます。

    全て断れと伝えてますが、「月5万払って癌が再発しないなら」「この水飲んでたら私より早く死なないらしいわ」等言ってきました。

    子供が癌になった親の気持ちにつけこんで金儲けを考える人。たくさんいます。

    家族に自分がどう癌と向き合っていくか話しておくのは大事ですね。

    松原さんこれからもガンガン楽しんでいきましょう!

  28. 両親とも過去にガンを患っています。
    「これがガンに効く」「これでガンが治った人がいる」「ガン予防になる」という商品(まぁまぁ高い)を人からよく紹介されていました。
    私も若かったので素直に信じて親に勧めたり自分で買ったりしていましたが、効果のほどは…。
    当時は今より素直だったのですぐ飛びついていましたけど、やっぱりよく考えないといけませんね。無駄なお金と労力を使ってしまい
    また親にも嫌な思いをさせてしまって反省です。

    松原さんのような影響力のある方が話を分解して分かりやすく注意喚起してくださり感謝です。
    世の中にはほんと善意で色んな物を勧めてくる人がいますよね。
    松原さんほんといつもお疲れさまです!ブログから元気もらってます!
    カンチくんかわいい!♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です