できますゼッケン

阪神・淡路大震災での教訓から生まれた、避難所での助け合い行動を生
み出す「できますゼッケン」の情報が入ってきました。

阪神・淡路大震災の教訓を今後に活かすため、震災時の避難所生活における課題を解決するアイデアから生まれたこのゼッケン。
東北地方太平洋沖大地震の被災地の現状を鑑みて有効と思われ、今すぐにカタチにできる「できますゼッケン」」は、避難所で生活する被災者やスタッフ一人ひとりが「自分にできること」を宣言することで、互いの助け合い行動を生み出すツールです。
紙のゼッケンに「自分にできること」と「名前」を大きく記入し、ガムテープ等
で背中に貼って使用するそうです!

http://issueplusdesign.jp/dekimasu/

今回の震災で被災し、かつての私たちと同じように避難生活を送っている方々のために、少しでも力になれることを願っております。
とのこと。

ぼくは何の技術も資格も無いですし、このCOMIN’KOBEもボクが歌うわけでも無いし、考えたら結局現場では無力な存在と改めて気付き悔しいです…

いまは「ボケれます!」ってしか書けないですが
このゼッケンに書ける事をこれから1つでも多く増やしていきたいと思います。

みんなの出来る事が1つに集まれば凄い力になりますね。

あ!あと、「お酒、一緒に飲めます!」がありました。
一緒にお酒を飲める日まで微力ながら自分のできること、頑張ります。

“できますゼッケン” への1件の返信

  1. COMIN’KOBEがあるからこそ
    ステージで歌える人がいる!

    そのステージを用意するって
    すごいことだと思います^^*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です