子育てと心の芯

左:松原ユタカくん(当時4歳)、右:次男くん(当時4歳)

ちょっと遅ればせながら熊本市議が赤子を連れて議会に参加したニュースで、色々考えさせられましたので今日は子供についてブログを書かせて頂きますが、いいでしょうか?

 

 

いいですね。はい。ありがとうございます。

 

まず改めて思うのは、SNSで支援する声が多々見受けられますが、松原と仕事する人も、もちろん全て子連れOKなのでガンガン連れて来てくださいね。なんならうちの会社も子連れOKです。

もはや、連れて来い!w

そして抱っこさせて、頬ズリさせてくれ!さらに4歳まで預かられてくれ!頼む!(>人<;)

 

…前にも言ったかもしれないけど、松原は音楽の仕事か保父さんになるか悩んでいたぐらいこう見えて子供超好き♪(芸人とホストも悩んだ)

 

保育園学校に通ってたぐらい!

 

なので、大歓迎!!!

 

 

実際、うちの経理担当も日曜日とかは子供を抱えながら勤務してますし、それを拒否するスタッフが居たら、ぶっちゃけ悲しいです。

子供が好きじゃないスタッフもいるかもしれないけど、そんなん文句言わせない。嫌なら辞めてもらうだけ。ライブハウスの事務所に子供がバリおるとか最高!

 

当日券あるか聞こうと小屋に電話したら「ガチャ。バブバブ〜」「こら、勝手に出たらダメでしょ!怒」「はい。太陽と虎です。ハァハァ」とか超最高!!

 

なんならうちの息子も3歳ぐらいの時に勝手にチケット買いに来たお客さんの接客してたぐらいです。たのもしい。(←親バカ)

 

保育園とか祖母とかが面倒見てくれる人がいるのに連れてくるのは、ちょっと違うかもしれないけど、そうじゃなくて困ってる時はガンガン連れて来て欲しいし、うちの会社がもっとデカくて、体力があれば無料の託児所を作るのが夢。周辺の会社も自由!

 

「子供がギャーギャー泣いて仕事出来ない!」って人は子供より泣かしたる。

 

極論!

 

この子たちの為に我々は未来を作る仕事をしてるわけですから!

 

 

 

(-.-)y-., o O(ちょっとカッコつけ過ぎたかな、、、)

 

 

 

でも、ホントにそういうことだと思うので、子供を産める環境、子供が産みたくなる環境、子供が出来たから頑張れる環境、そういうのをしっかり考えるべきだなーとこのニュースを見てより思う。(でもこの熊本市議みたいに強行的なやり方は肯定出来ないけど)

 

何回も言いますが、松原の現場は子連れOKです。

 

 

かく言う松原もシングルファザーとして(離婚した自分が自業自得という声があると思いますが)、すっげー考えたし、すっげー忙しかった。

日曜日は保育園が休みなので、毎週日曜日をどうしようか考える日々。マネージメントしてるアーティストのツアーも実はそんな事を考えながらライブスケジュールを組んでいたりした。(ごめんなさい。時効ということで許して!)

どんなに激しい打ち上げの後でも朝7時に起こしてご飯食べさせて保育園に送る毎日(←当たり前)で、なんなら打ち上げが朝まであった日は「あ!そろそろ保育園なんで帰ります」みたいな最高の理由で帰る事もしばしば。

それはちょっとした誇りぐらいに思ってた。「俺は今、頑張りながら可愛いこいつらを育てている」という実感が堪らなかった。

六甲山牧場で羊を怖がる息子くん

平日も19時までには保育園に迎えに行かなければいけないけど、ライブハウスのオープンタイミングなので毎日、母や妹、友達、社員たちに代わり代わり行ってもらっていた。「お迎えブッキングノート」を作ってプライベートはお迎えしてくれる人のブッキング、仕事ではライブハウスのブッキングに明け暮れた。

もちろん松原が行ける時もあるけど、迎えに行った後はライブハウスの事務所でご飯食べさせて、寝かせたり、スタッフの家に泊めてもらって打ち上げ終わりで迎えに行ったり、毎日が超絶バタバタのその日暮らし状態ww

 

そして、ある日…

もう毎日仕事と子供の迎えのやりくりに疲れ果てて、ライブハウスを辞めようと決意。それを幼馴染の道田(仮名)に相談したら、その時の彼女と一緒に松原家で共同生活をしてくれて、みんなで息子くんの面倒を見る奇妙な日々が始まるwwwww

今振り返っても凄い奇妙な関係。

幼馴染の彼女が毎日保育園に迎えに行ってくれて、ご飯を食べさせてくれる。お陰で松原は仕事に専念できた。本当にこれには感謝しか無い。

今の松原がこうして音楽の仕事を出来ているのは、こんなに沢山の人たちに助けてもらったからこそ、やれている。

 

沢山のバンドマンのみなさんにも息子の相手をしてもらったし、日曜日はほぼ毎週息子を連れて来てたので、日曜日によく出演するバンドと仲良くなったりしてたw

ホールで仕事して、何気なく楽屋に入ったらフラワーカンパニーズの鈴木さんが息子くんの言いなりになって自動販売機のお菓子を永遠と買わされていたりw、リハーサル中にホールでこけて、危うく失明寸前の怪我をして病院に運ばれたり、ライブハウス保育園は本当に色々あった。

 

あ、、何か話しが逸れましたが、、、、、

 

とにかく社会全てがお母さん(お父さんでも)と子供をセットとして認識して、様々な事に寛容になってもらいたいと心から願う。特に片親の子育ては社会みんなが協力すべきだ。

 

協力しない人の神経がわからない。

自分だって記憶の無い子供時代に沢山の人に助けてもらったに決まってるのに、何故その恩返しを大人になってしないのか、理解に苦しむ。

別に政治家に立候補する気も無いけど、そんな助け合いが溢れる世の中にしたい。

何もオムツを変えろとかそういう事じゃなく理解を持って接する事ぐらいなんの損もないんだからね。

 

 

「保育所落ちた。日本死ね」

 

大好きな日本に向かって、こんな事を言わせない為にも。

 

今の松原は時間があるので子供の面倒を見てくれる人が居なくて苦しんでる人が居たら、まじで預かってあげたい。そして時間になったら、送迎までしてあげたいw

 

うちの会社のスタッフもどんどんみんな子供産んで欲しい。実際社内には3人の幼児達がいるからみんな松原に預からせて欲しい。でも何故か全然預からせてくれない。涙

減給したろかな。

 

そして色々あったけど、子育ては大変だから面白いし、やったった感があるw

さらに松原の場合は2016年にガンが解って、これからの生き方を悩んだ時!子供たちの為に長く生きる事を決断できた!

 

だから松原が今日こうして生きているのは、子供たちが居たから。

奴らが居なかったら、「男は華麗に散るのが華」って叫んで暴れまくって仕事しまくってると思う。

 

最終的に病気になった今、松原の命を救ってくれたのは医者でも薬でも無く、ある意味息子くん達かもしれない。

 

10月に警察から男として絶対に許したらいけない事を言われて、それを見返す為に生きる目標を追加したけど、それも「これで怒らない父ちゃんの背中なんて息子に見せられないし、そんな男が何を教えれるねん」と思ったからこそ。

父ちゃんは絶対あいつを許さないし、今の父ちゃんがあるのはバンドマンたちやCOMIN’KOBEを支えてくれた人たちのお陰だから、まるでその人たちを否定したようにも取れるその言葉を謝罪させるその為にも、命削ってでもやってやる。

 

今日もまた長いブログになってしまったけど、そんな長男はまもなく大学受験の高校3年生。次男くんはこの春で高校生。

 

高校生の奴らに話したい事。大学生になったら話したい事。社会人になったら話したい事。色々な壁にぶつかった時に今までの経験から話してあげたい事。彼女と別れた時に話したい事。そして子供が生まれた時に話したい事。etc….(やべ、想像したら泣きそう)

 

ホントまだまだやりたい事が山盛り。

 

「父ちゃんの生き方カッコよかったやろ?」って死ぬ時に胸張って言う為に、引き続き心の芯を強くする為に鍛錬あるのみ。

 

 

…だから昨日、冷蔵庫にしまって楽しみにしてた大好きな抹茶のアイスを勝手に食べた事に関しては父ちゃんは心の芯が強いから、そんな事ぐらい寛大に受け止めて、歯茎から血が出るぐらいグッと噛み締めて、枕に顔を埋めて叫びまくって、血眼の状態で耐えに耐えて、許してやる。おまえら心の芯の強い父ちゃんを持って幸せだな。(←アイスの棒ぐらい心の芯、細っヾ(-д-;))

“子育てと心の芯” への10件の返信

  1. おはようございます。

    週末泥ドロすぎて
    チベットスナギツネのような顔で
    スマホピコピコしていたら、
    松原さんがブログ更新されていて、
    病気は小康状態で針勝負には
    一発KO。新たに松原週間予報も
    発表されていて…
    自分の子供や未来ある子供、周りで苦労される大人たちにまで愛や感謝を伝える
    松原さんて素敵なお方やなぁ…と思いました
    と、同時に
    自分好きスギな❗
    と思ったのでした

    お忙しい1週間ですが、無理し過ぎない
    ように✨
    サムクナルヨウナノデご自愛ください♪

  2. 分かるわぁ~。
    子供が入れない職場って、何してるとこやって話しですよね。
    あぶない環境の所は、別の部屋などの対応は出来るはず。

    あと、冷蔵庫はカギをかけたくなるとき、ありますw
    どれだけ、楽しみにしてたアイスを食べられた事かw

    まあ、アイスは親子関係を崩壊させるって言いますからねぇ(-.-)y-゜゜゜

  3. 初めてコメントさせていただきます。
    ちょこちょことブログを拝見させていただいてます。
    保育士をしているもので、今回のブログに色々と共感することも多くて、コメントさせていただきます。
    思うところはいっぱいあって、書きたいこともいっぱいありますが、長くなるのでやめますが、松原さんの考え方、すごくステキだなって思います。
    人気取りの政策にこどもを利用するんじゃなくて、無償化とかそうゆうのじゃなくて、色んな人が協力しあって育て合える世の中になれたらいいのになって思っています。
    松原さんを見習って、私も行動しなきゃって思いました!
    これからもブログ拝見させてもらいますね~!長々と失礼しました。

  4. え?うそだ!このブログで泣く事があるなんて・・・
    子持ちワーキングママにはグッときた内容でした。
    しかも、こないだ受けた人間ドックで再々検査して、やっと出た結果が手術で。
    なんかちょっと凹んでた所に読んで、母ちゃん頑張ろう!って思えました!!
    松原さんみたいな社長がいっぱい増えたらいいなーーって思いました^^

  5. もうね、コメントしたいこと有りすぎて困ります。。( ´・ω・`)
    羊怖がる息子君に悶絶し、、、
    もふもふしてるのが怖いのかな(* ´ ▽ ` *)
    瞳が横長なのが怖いのかな(* ´ ▽ ` *)
    変な方向に動く唇が怖いのかな(* ´ ▽ ` *)
    にゃぁーかわいー♪(*≧з≦)
    もーかわいー♪
     何で4歳くらいの男の子は戦隊ものが好きなのか…乗り物も好きですよね?
    …あー可愛い。。
    全くもう!!ありがとうございます。
    m(_ _)m
    子育て支援問題は超絶長くなるから割愛します。
    冷凍庫のアイスは…見つけて食ったもん勝ちでございます。へっへっへ~♪

  6. 雇ってください!!
    こんな社長の元で仕事に打ち込みたいものです…保育園は倍率高すぎで入れられず、実の両親もおらず義両親は遠方在住。
    自営業の主人の稼ぎだけでは食べて行けず…八方塞がり。
    松原さんの様な経営者が増えること望み、出会えることを夢見てしまいます。

  7. 松原さんの昔の写真、いいですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)
    見た目によらず子供好きなんてギャップあり過ぎ!(о´∀`о)素敵です!
    私はまだ子供居ませんが、だから子育てに対しては大変そうとしか思えなくて(>_<)
    でも松原さんのお子様との写真を見てやっぱり子供欲しいかなと思いました!又子育て話し聞かせて下さいー!(๑˃̵ᴗ˂̵)

  8. 松原さん、子供に対しての優しく、愛情たっぷりの想い、blogを読みながら涙が出そうになりました。
    と、同時に最後のアイスのオチ(笑)
    松原さん、もう最高です!
    blogを通してだけで、もうその人柄に惚れ惚れしてしまいます(*^_^*)
    こんな素敵な父親を持つ息子くん達は、とっても幸せ者ですね!!
    親からの愛情っていつまでも残りますから、息子くん達は立派な大人に成長していくと思います。
    世の中にも松原さんのような考えの人が増えていくと良いなあと本当に思います。
    そして、若かりし頃の写真!茶髪で今とはイメージが違って、またカッコイイですね!息子くん達もとっても可愛い!
    シングルファーザーで、色々と大変で仕事も忙しい中、子供達を育て上げ、 バリバリ仕事もやって、本当に凄いなあと心から尊敬します。
    松原さんの人生は、内容盛り沢山、愛情盛り沢山で本当に素敵だなあって思います(o^-^o)

  9. ダメだ!!号泣。。。

    息子くん達はたくさんの人のいろんな形の愛情に触れて育ったのですね。
    そんなに素敵なことなかなかないですよね。
    松原さんもめげずに子育てと仕事を両立させられたこと尊敬いたします。

    ほんと、子は宝ですね。

    心底腹が立つことはしょっちゅうですが。。。

    ほんと、もっと子育てに寛大な世の中になって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です