トーリセル投与開始

家から徒歩5分の病院に入院して5日目になりました。
窓から見える景色は大好きな神戸の山が見えてとても気に入っています。

そしてお陰様でようやく体調も落ち着いてきました。

この3〜4日間、38〜39度の腫瘍熱(体が癌と戦うことにより出る熱)でホントに苦しかったでーす。
そして嘔吐するぐらいの激しい咳と。

入院してから解熱剤など様々な薬を飲んで、点滴して、腫瘍熱の対策。
しかし根本そもそも腫瘍熱の原因である癌の進行を抑える為にトーリセルという新しく挑戦する分子標的薬を点滴で投与。副作用を慎重に検査しつつ、今の所は何も無い状況です。

今までスーテント、インライタというTK-1という種類の分子標的薬とオプジーボという免疫力をあげる新薬を挑戦して、このトーリセルという今までとは違うアプローチで癌を治療する分子標的薬。

この4種類目の薬、所謂「4th LINE」がうまく効果がある事を祈るのみです。

そして咳がひどいので遂にモルヒネを飲む事になりました。麻薬って言葉だけでちょっとビビりましたが、幸い副作用の吐き気もなく、睡魔と頭がボーっとするぐらいです。それで咳が治るなら大歓迎です。
今まで色んな咳止めを飲んできましたが全く効果がなく、そもそも気管支に腫瘍があるので薬で咳が治る訳が無いと思ってましたがさすがモルヒネ!70%は咳が減りました!!!ホントにすごいです。

ただ麻薬なので飲む時に看護士さんが持ってきてくれて松原の目の前で開封して飲み切るまで見届けないといけないらしく、それこそ紛失したらかなりの大問題になるそうです。汗

なんかそこまで聞かされると、「ほんまこれ飲んでいいん?」って不安になります…

とにかく何とか乗り切った感じなので、このままこの病室で死ぬのか、無事退院できるのか!?
まだまだ予断は許せぬ状況ですが、トーリセルをもう一度ぐらい投与してからのCTスキャンで進行をチェックするのでそれまでドキドキ。トーリセルが効いてくれたらこの前、発見した高校1年生の初ライブでバリバリにダサい服を着てる松原をYOUTUBEにアップしてもいいです!なので神様お願い!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です