今日仙台から届いた報告メールです。

仙台でボランティア活動中の方から届いた報告メールです。
16年前の神戸の光景より凄いのかもしれません。。

———————————————–
あの大地震から2週間が経ちました。

今日、仙台市若林区の津波の被害にあった地域を見てきました。

被害状況は報道や話では聞いていましたが、目の当たりにすると、
言葉を失い、呆然としてしまいました。

折れ曲がった信号機

倒れたガードレール

折り重なる車

破壊されたり、流された家

信じられない光景です。
民間レベルではどうしようもない感じでした。

あんな光景の中、家を元の状態に戻そうと必死に頑張ってる人たちがいたり、
非日常的な空間が広がってました。

 仙台の中心部は少しずつですが、日常に戻りつつあります。
ライフラインも広範囲で戻ってきます。

支援物資に関しても避難所にはいきわたってます。食べることには苦労していないと聞きます。

しかし、避難所から自宅に戻った方々は、食料品も買えず、苦労していると聞きます。
ある団地では支援物資も届かず、本当に困っていると聞きました。

各地域で格差があり、温度差もある。これがリアルな現実なんだと感じてます。

——————————————

このメールを読み、今日も神戸の街を見渡してみると
改めて綺麗な街だと思いました。
毎日見てる景色が変ってみえる。

とても大事な事だと思います。

今日もうちのライブハウスでアーティストが行った募金額も凄い集まりました。
神戸のみなさんも頑張ってます。

とにかく頑張ろう!
COMIN’KOBEも意地でも成功するように頑張る!

引き続き宜しくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です