COMIN’KOBE14を終えて

COMIN’KOBE14ご来場いただいてありがとうございました。
_MG_7447_S
少し落ち着いてきまして遂に未返信メールがほぼなくなってきましたのでBLOGを書きたいと思います。COMIN’KOBE実行委員長です。

まずは僕の日頃の行いが悪いせいで雨が降ってしまい申し訳ございませんでした。
寝る時間から遊ぶ時間まで全ての時間をこんなに注いできたのに当日は「雨」
死ぬほど悔しかったです。空に向かって叫んでしまったのが逆効果で午後、すごい雨が降りました。。
8年ぶりの雨で正直雨対策を行っておらず朝から本当に大変でした。
IMG_8592_2小
準備日、イベント当日の2日間は10年間で一番バタバタでした。 しかも神戸国際展示場2号館を使用するということでここも初めての会場なのでバタバタでした。
知らないことが多すぎて、例えば机の2段積みが禁止されていることを前日聞いて大慌てです。 クローク(荷物預かり)の為に机を2段に積まないと荷物を置くスペースが無いので、急遽別会場からテーブルを持ってきてそれを1段目にして対応したり、ゴミ処理でもとてもバタバタしました。
ワールド記念ホール、神戸国際展示場、神戸夙川学院大学で微妙に様々なルールが異なり混乱の連続。 そしてイベント前日に雨を覚悟した瞬間に野外ステージが中断したりしたら全ての参加者が屋根のあるワールド記念ホールと神戸国際展示場に来るかもしれないので急遽、神戸国際展示場のレイアウトを変更し、1人でも多くの方を収容出来る様にしました。
_TKY5209S
これも本当に前日の現場で判断したのでひやひやです。
太陽の風ステージも当初神戸国際展示場の側道でしたが雨の事もありロビーに変更。でも神戸国際展示場に数万人が来たらロビーが混雑し危険と判断。急遽前日に会場内をみんなで歩いて出来る場所を探し、ワールド記念ホールの南東入口に決定。 前日にステージの場所が決まるイベントなんて聞いたことないですよね(汗)

神戸夙川学院大学では屋外のグランドが雨で泥になり、埋め立て地なので余計大変でした。物販席の前の土が一番ドロドロになるので本当に迷惑をかけてしまいました。
雨の中でこの物販席を作ってるときの悔しさはとんでもなかったです。でも場所を変える訳にも行かず… こんなに前日に色々レイアウトなど変わったのは初めてです。。
イベント当日も大学前広場というスペースを横断してもらうはずが諸事情でそれが一時一方通行になってしまい色々な事に影響がありました。一番みなさんに立ち寄って欲しかった減災ヴィレッジというこのイベントのテーマスペースも雨対策をあまり行っていなかったので大変でした。 もう何もかも雨のせいで悔しい思いでいっぱいです。

今年の10周年というのは僕にとって特別な思い入れがあります。 阪神淡路大震災の被災時、僕は中学3年生でした。 何の復興活動もせずに大人になり、ある時にこのことに気づき凄い後悔と罪悪感を感じました。 では今からでも出来る事があるのではと思い、このイベントを阪神淡路大震災の10年目である2005年から始めました。 そして10年間このイベントを続けることが出来ました。 これは自分にとって何もしなかった10年間を埋めれたとまでは思わないですが、少し自分の中で区切りとなる思いでした。
「10年間続ける」
1回で終わるチャリティーイベントがあってももちろん悪い事ではないのですが「続ける」ということがとても大事なメッセージだと思って開催をしてきました。でもこのイベントを続けるためには自分の家庭も、ボランティアのみなさんも沢山のみなさんに迷惑をかける事になります。ほんとに続けることがいいのか解らなくなる瞬間もあるんですよね…
近隣の人からしたら絶対迷惑ですしね。もしかしたら10年目の今年で終わる方がいいのかもしれないと実はちょっと思ってたりしました。

そしてその10回目が雨。 これをどう考えるかですが、間違いなく「晴れのCOMIN’KOBE」を見たいと思いました。そして来年で阪神淡路大震災から20年という年になります。
今まで晴れが続いてきて「晴れる」事が当たり前となってた自分がいて、災害が起きて気づく、「当たり前のことが一番当たり前ではない」ということにも繋がってるような気がしてます。
「晴れ」は当たり前ではないし、「開催出来る事」も当たり前では無い。
そんな事を今年経験して、来年はもしかしたらもっとこのイベントの答えが見つかりそうな気がします。
_MG_9506
ちょっと話がそれますがガガガSPのライブを見て、とんでもない迫力とメッセージと思いに感動して涙してしまいステージ袖へ帰ってきた時に健さんが笑いながらのビンタを受けたこの光景を10年前の自分を見せてやりたいと思いました。
10年間続けたらこんな夢のようなことがあるんだと。
_MG_6854_S
ボランティアスタッフのみなさんも雨の中で一生懸命頑張ってくれる姿に本当に号泣しました。
自分がイベントをやりたいと言い出して、手が負えなくなってみなさんにボランティアで手伝ってほしいとお願いして、快く手伝ってくれて、もう堪らない思いがあります。
いきなりボールが飛んできたときに避けるんではなく、打ち返した方が絶対面白いと気が付いた人たちとこうやってCOMIN’KOBEを出来て本当に嬉しいです。

出演者の皆様もこの思いで出演してくれている訳です。本当に凄い事です。
自分の目で見て、考えがかっこいい、凄い思いでバンドを続けてる人たちに出演いただけて幸せです。商業イベントは人気がバロメーターかもしれませんが、このイベントは思いのあるアーティストがとても大事なので、そんなアーティストのみなさんの言葉は絶対このイベントの思いを色々な角度で参加者のみなさんに伝えてくれるんだと思います。
!cid_ii_huoekkwx4_145b91af10c2dc2d
イベント的にはおそらく赤字になりそうなので今、凄いドキドキしていますが、ゴミのポイ捨てがあったり、盗難があったり、募金をしない人がいたりと、このあたりはとても悔しいです。
きっとそんな人はこのBLOGは読んでないと思うのでここで何か言うつもりはないですが
「ゴミを拾う人」「困ってる人が居たら助ける人」「募金をする人」の姿を見て、いつか気が付くその日までどうかみなさまご協力お願いします。

「宿題しなさい」っていわれてする人より「宿題した方が絶対いい」って気が付いてする人が1人でも増えてくれたら凄い嬉しいです。強制な基本的に何も生まれないと思うのでこのイベントも強制しないことを凄く大事に思っています。有料にするんじゃなく無料で募金をしてもらうことが大事だと思ってます。

という事でここまで長く書くつもりはなかったのですがついついこんなに長くなってしまいました…
数年後に自分でこのBLOGを読んだら「お前、全然気付けて無いじゃん!」って思うかもですがCOMIN’KOBE14が終わったこの余韻に背中を押されてかいちゃいました。
_MG_2298
来年も開催出来る事になればその時はみなさんよろしくお願いします。
手伝っていただいた出演者の皆様、スポンサーの皆様、スタッフの皆様、参加者の皆様、本当にありがとうございました!そしてお疲れ様でした!!!!!!!!!
引き続きCOMIN’KOBEをよろしくお願いいたします!

以上!全部ウソですwwww

“COMIN’KOBE14を終えて” への1件の返信

  1. すごく、胸打たれました。
    いろいろ弊害も発生しうるイベントなのかもしれませんが、続けて行ってほしいです。
    募金しない人もきっとどこかのタイミングで気づけるはずです。
    けど気づいてもらうには、続けなきゃいけないですよこのイベント。
    めーっちゃ楽しいイベントなんですから、続けていればみんな毎年来ます‼︎
    そして毎年来てたら、ある年に気付くはずです‼︎

    来年も行われるであろうカミング神戸開催がとても楽しみです。
    そして、来年カミング神戸の会場で募金する僕の後ろ姿を見た誰かが、「あ、俺もしよう!」って思って募金をしてくれたら、それはとても嬉しいです。
    僕が行動を起こすことで、募金する気が起きた人が一人でも増えてくれたのなら「少しではあるけれど、僕もカミング神戸のお手伝いができた」と思えてきます。

    実行委員長に向かって、何の責任も背負っていない僕が言うのは大変おこがましいですが、頑張ってこのイベント続けてください‼︎

    このイベント好きすぎます‼︎僕は‼︎
    来年はきっと雨降らないです‼︎
    次の大成功するカミング神戸に期待して頑張りましょう‼︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です