負けられない戦い

歩いて通院出来る幸せを噛み締めながら昨日は松曜日!朝から病院へGO!

2/12の癌イベントのフライヤーも貼らせて頂き、ホント良い病院chu♥(人´3`)⌒♡

↑改めて2/12に癌患者さんだけを集めたパーティーするので、是非参加orお知り合いの癌患者さんに勧めてくださいね!まだ応募は間に合いますよ!

 

***

という事で愛する病院に到着してから、いつも通りのコース。採血をして、採血&診察待ちはドトールでコーヒーを飲み、優雅に仕事。しかし仕事にドンドン夢中になっていて、気がついたら10:30を過ぎているではないか!!ハッ∑(゚ロ゚〃)

今日は9:30からの診察で、待合室はあんまり混んで無かったから、さすがに1時間超えはマズい!

慌てて待合室に向かうと、案の定、すでに松原を通り過ぎて診察は進んでいた。時の流れは残酷である。

 

「もう!ドトールまで探しに行ったのに、どこいたんですか?」顔見知りの看護婦さんsay。

今日は端っこの入りこんだ所に座っていたので、両者気付かず。

「嗚呼、ごめんなさーーい。゚(゚´ω`゚)゚。」

 

そして診察!

 

診察室の扉を開けるなり、「かなりいい感じだよね?」主治医say。

「はい━━ヽ(゚∀゚)ノ━━━!!そうなんでーす!」

血液数値も安定してよくなり、またCRPという炎症数値も下がっていた。いやー、ホントに何がどーなってるのやら。しかし嬉しい。トーリセルこのままがんばれ!

主治医もCOMING KOBEの事を気遣ってくれて、少なくとも4月末まではこの調子で乗り切ろうと励ましてくれて、やっぱいい先生!抱かれてもいい♥(人´3`)⌒♡

 

 

そんなご機嫌な診察を終え、またまたやってきました憎き注射。分子標的薬トーリセル点滴注射です。

でも全然余裕。注射は怖いけど、失敗される気がしない。かれこれもう何連勝してるかわからないぐらい勝ち続けている。こんな言い方をしたら失礼かもしれないけど、もはや注射くんは眼中にない。

なんなら注射を固定するテープを剥がす方が痛くて怖くなってきたぐらい。

こんな事を聞いたら注射くんはきっと怒るだろう。だがそれぐらいが丁度いいのかもしれない。ライバルとは実力が拮抗しないと面白くない。彼には頑張ってもらい、もっと這い上がってもらいたい。そしてなんとか張り合いのある戦いをもう一度したいものだ。

 

そして何度か注射をしてくれた覚えのある医師が登場。この人は前回も成功したはずなので安心。いつも通り、左腕を出して早速注射をしてもらう。手慣れた手つきで狙いを定め、ブスッ!

ちょっと痛いけど、全然マシ。やはり注射と松原の力の差は明確に開いていると痛感。

松原の点滴注射に「失敗」の文字はもう無い!

かれこれ点滴注射バトルが始まって半年が過ぎた。経験から針を刺された瞬間に成功したかどうかは身体が解ってきている。

もちろん見事一発成功のはず。

瞑っていた瞼をゆっくり開け、目をそっと左腕に移動させる。

その結果は、、、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

し、失敗してる━━━━(# ゚Д゚)━━━━ゥウウウウウウウウウウ!!

うそー!まぢで!?信じられない!

 

 

「あれー、点滴が落ちないから一回抜きますねー。」医師say。

 

まさかである。完全に油断していた。

 

予想外の展開に呆然としていると、2回目の注射が予告なく突き刺さる!

ブスッ!

イタッ!

 

 

 

「うーん。おかしいなー。あれー。ごめんなさいねー。また抜きますね。」

 

 

 

 

 

に、2回も失敗!?きーーーーーっヾ(*`Д´*)ノ”彡☆

 

 

完全に舐めていた。不覚。

 

 

「ごめんなさいね。右手でやらせてください。」医師say。

完全に医師も自信を失っているのが解る。

このまま一生成功しない気がしてきた。一生、抜けられない注射地獄。あぁ、ごめんなさい。注射さま、貴方様は無敵です。どうかお許しください。土下座なんて楽勝でします。何でもします。靴舐めます。だからこのループからお助けください。

 

 

3回目の注射が右腕に突き刺さる。

これまた痛い(´;ω;`)

 

 

 

 

祈りながら、ゆっくり瞼を開ける。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほっ、、ようやく成功(つД`)ノ

 

しかし…松原は放心状態である。

採血合わせて4回の注射。しかも右手の自由を奪われる。あぁ、屈辱。

 

28戦17勝10敗1引分

遂に負けが二桁になる。

しかもボコボコの負け。これ以上の屈辱は無い。

もう負けられない!絶対に負けられない!二度と負けないと心に強く誓う!!

 

 

そして薬の処方の待ち時間。病院の近くにあるヘルシー推しの可愛いご飯屋さんに初めて入ってみる。ロハスで女子力の高い松原にピッタリである。

 

しかし!

注文したのと違うランチが出てきたのだ!!

どうやら店員さんが間違ってしまったみたいで「すぐにお取り替えします」say。

でも美味しそうなので「全然これでOKですよ」と、そのままこの間違ったランチを食べる事にする優しい松原さん。

帰りの際に店員さんが「申し訳ありませんでした。」と、ランチ代の端数を割り引いてお負けしてくれた…

 

 

 

 

 

ウァァァァヽ(o`Д´o)ノァァァァーーーーーーーー!!!!チキショーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

ま、また負けてしまった!!!!!お負けしてもらうなんて、屈辱!

なんて日だ!今日はマジで、負けまくりの1日…

注射に負けて、ランチにも負けられて…

もう誰にも負けない!!!そうさっき誓ったのだ!

 

 

すみません!やっぱり定価で払います!(←店員ドン引き)

“負けられない戦い” への9件の返信

  1. QRコード作るか、「癌ワイワイ」で検索➡blog読む➡メールアドレスをぷちっとする➡必要事項を入力し送信♪する事を、
    チラシの左上あたりに付箋で追加した方がいいかもです。

  2. 癌イベントのフライヤーが診察室前に貼られているんですね。
    今週から付き添いではなく
    病室へ行くことになったので、
    また病院へ行った時にフライヤー見てみます☆

    次回の注射は失敗されませんように☆

  3. フライヤーすごいですね!カッコイイ!
    仲間をほしがってる父を連れて参加したかったのですが、変薬のため31日から入院となってしまいました~。とほほ。
    今回は11階から大人しく成功をお祈りしてます(^^)

  4. う、腕が………プフ……ぐったりしてる…グフッ……かわいそ……(@ ̄ρ ̄@)

    何事にも謙虚でいるコトが大事なんだと学びました。プププ

    トーリセル、えらいっ!
    トーリセル、すごいっ!!
    トーリセル、かっこいい(?)
    ながーくながーーーく、松原さんの身体の中で頑張れ!!!お願いします(謙虚

  5. 診察室のドアのフライヤーwww
    〝ファ⁈アルコールまで有るんかい!〟ってみんな心を乱しながら診察室に入るんでしょうねw診察室入るときってやっぱドキドキしちゃうから、こういうのが目に入るだけでも緊張がほぐれてありがたいんじゃないかなと思いました。

    検査の結果もナイスで良かったです‼︎
    \(^ω^)/ヤッター‼︎ワーイ‼︎
    そしてランチのオーダーミスをそのままOKされる松原さん。その時の店員さんには松原さんが松神様に見えたと思います。
    もしかしたら端数のオマケはお賽銭的なものだったのかもしれませんね。松曜日おつかれさまでした。\( ‘ω’)/

    週明けから寒波来るらしいのであったかくして過ごしてくださいね\(^ω^)/

  6. なんかもう、松原さんの周りにいろんなバリアが出来まくってるから、注射も刺さらなくなってきたんですかねー。
    イベントのフライヤーがしっかりしすぎてて、さすがパインの社長やな、って思いました(笑)

  7. 検査結果、良好で本当に良かったです(≧▽≦)
    松原さんの生命力、免疫力の強さには脱帽です!
    この調子で、ガンがどんどん小さくなっていく事を祈ってます☆

    そして、フライヤー素敵ですね!
    とっても楽しそう!!
    きっと病気で闘う皆さんの良い励み&楽しい一時になると思います!
    みんなで楽しみながら、情報交換しつつ、病気と闘っていこうという松原さんの考え方がとても素敵です(^-^)
    実は、私の母もガンで、抗がん剤が全く効かず、私が学生の時にあっという間に他界してしまったのですが、こんな交流会は周りにはなかったので、大好きだった母が生きていたら、是非連れていきたかったです。

    今度、太陽と虎で、誰でも参加出来る松原さんのフリートーク開催して下さい(^з^)-☆
    病気でなくとも、松原さんのblogで元気づけられた人や勇気を貰った人は沢山いると思います!(私もそうです(^^ゞ)
    是非、松原さんのトークを生で観て聞きたいです(*^O^*)

    そして、松曜日の注射。。。
    敵は、手強いですね(;o;)
    人生、楽あれば苦ありですね(/_;)/~~
    次回は勝利する事を願っております☆
    そして、靴舐めますで笑ってしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です