CDは好きですか?

 

もう毎日、寝る前に思い出して悔しくて全然寝れなかったのでガンが進行したら絶対あのせいです。その時は全部カミングアウトするので全員で国家権力(警察の事ね。)へ全力で非難お願いしますねm(_ _”m)ペコリ

そんな警察の某A氏に対して怒りが冷めない中、久々に会社に行ったら聞きたかったCDが沢山届いていて超嬉しい(≧∀≦)

しかしこうやって音源を送ってくれるのは本当に嬉しいし、何だかんだ言って自分はCDが好きな世代なんだなーと再認識する。

そして改めて思うと、ガンになる前は頂いたサンプルCDとかDVDとかじっくり聞く暇が中々無かった。

正直、事務所でループ再生で仕事をしながら聞いたり、打ち上げが無かった日に家に帰って飲みながらや風呂に入りながら聞いていた。

今は純粋にゆっくりと音楽を“しながら”では無く、聴けている気がする。

 

という事で、届いていた作品の感想を軽くレコメンド。

まずは、なんと言っても興奮したのは、、、、、

Hi- STANDARD!

まさかPIZZA OF DEATHからハイスタのサンプルCDが送られてくるなんて、未だに信じられない。高校生の自分に自慢したいw

もちろん買ってたけど、保存版として部屋に飾ってます!やっぱり思い入れが強すぎて聞くとウルウルしちゃう最高の名作。無人島の1枚に選ぶ事、間違いなし。このCD1枚で人の人生を変えれるパワーがある作品です。

 

そしてcoldrainの今作は冷雨史上最高傑作かも。簡単に最高傑作って言葉を使うのもアレですけど、曲の振り幅、アレンジ、曲順などなどアルバムとしてとんでもなく抜群の作品。洋楽でもあり、邦楽でもあり、かっこよさがすごい。連続で5回しぐらい一気に聞いてしまった名作。本当にカッコいい。こいつらここまでのバンドになったんだと衝撃を受けた1枚。

 

BRAHMANも前作からうって変わって、ミドルテンポの2曲だけどTOSHI-LOWさんの声は良さはこのテンポが1番解るので個人的にはスゴイ好きだし、このノスタルジーな気持ちになる世界観は本当にどんなテクニックが隠されてるのか知りたい。いい曲やわ〜

 

SHISHAMOのこのシングルも曲良すぎる。映画のCMもこないだ見て、ほんまになんちゅーセンスやと相変わらず驚愕。メロディーの伸びと絶妙なメロの着地寸前の起伏がホンマに凄い。聴けば聴くほど隠し味に気づいて何度も聞ける。もちろん声も好きやし、昔は悪ガキ小娘やったのに最近は大人の女になって来たし、来年は初のスタジアムライブやし、どこまで上り詰めるのか楽しみ!

Hawaiian6もすっげーアルバムを作った。一曲目から胸の奥を鷲掴み。血がたぎる哀愁。10年前から変わらないこの大好きなメロディー。個人的には大好きな懐かしいアレンジも散りばめられて新旧のファンにも絶対ハマる!全く飽きない!ってか個性があるのに聴きやすいってスゴイこと。ホンマにメロディーセンスがエグい。

SUPER BEABERも相当いいアルバムでビビりました。なんたって太い!音が太い。1曲の中にある静の伏線が中盤から効きまくりだし、節々に「あ!?おん?」がある。絶対にあいつらを見下した奴らに対する悔しさがあって、例えば2曲目のイントロからいきなり表現されてて、こいつらの悔しさが花開いた様に見えるぐらい売れているけど、絶対まだゴールじゃないのでまだ先を見てる事が現れたバケモンな熱量が詰まったアルバム。胸が熱くなる。

 

とにかくお世辞抜きで、スゴイCDたちで、毎日聴くのが楽しみ。朝起きて、ご飯食べてからどのCDを聴くのか考えてワクワクしてます。さすがのみなさんのさすがの作品。お世辞抜きで、みんなカッコ良すぎです!!!!!

是非みなさんにも買ってもらいたいと思ってます。ここで紹介した作品を聴いて「あんまり」って思った人には弁償したいぐらい太鼓判。

仕事とは関係無くホンマにいい音源だけです。だから買って欲しい。

 

が!!!!

 

買ってもらいたいと言うものの、ぶっちゃけ今の時代、「CDを買う」という行為が珍しくなってきて、「CDを買わそうとする」事は正直、時代にあって無い考え方だと思っている訳です。

とにかく特典をつけまくって無理やりCDを買わせている現状。

 

今から12、3年前に韓国に行った時に仲良くなった韓国の音楽業界人が「CDは出したら赤字。でも出さないとアーティストが広まらないのでフライヤーと一緒の感覚でCDを作る。」と片言の日本語で言っていた。

その時はちょっとその言葉に違和感がしたが、今は超絶にわかる。韓国は日本みたいなCDメディアバブルを飛び越してネット文化になってしまったので日本より早くCDが売れない時代が来たのだ。

そんな日本は今、10年以上遅れて、その時代に突入していて、そしてこれはもう戻らないし、このまま進んでいく。

 

新人バンドがCDを出すと今はせいぜいイニシャル(初回出荷)で500〜1000枚。1800円のCDとして店舗や流通の手数料を引くと1枚900円ぐらいの利益。900円×仮に800枚=72万円。

CDプレスに15万円、レコーディング代に30万円、MV代に15万円、フライヤーとかポスターに3万円、CD購入者特典費用に10万円、CDショップの展開費に15万円、JASRACに3万円としてももう経費は超安く見て91万円なので余裕で赤字。

 

これでお解り頂けた通り、黒字にするのは中々大変。1500枚売れてなんとかトントン。なのでアーティストがCDだけでご飯を食べるなんてもはや現実的では無いわけです。

 

ま、そんな収支なんてみなさんにとっては別に関係無い話しですが、

今やCDは好きなキャラクターのフィギィアみたいなもので、このアーティストが好きである印であり、聞く為というより好きなアーティストだからジャケットを飾りたいぐらいの気持ちでCDを買うという理由が今の時代にジャストな気がする。

だってPCやiPhoneとかに取り込んだらぶっちゃけCDもケースも邪魔だもんね。

そして学校のクラスで誰か1枚CDを持ってれば買う必要ないもんね。

 

ちなみにこないだダウンロード版のゲームソフト(ドラゴンクエスト10)を買ったんだけど、箱を開けたら中には何にも入ってなくて、「え!?」っと思ったら“ダウンロードパスワードが書かれた紙”がペラっと箱から落ちた。そこに書かれたパスワードを指定されたサイトで入力したらそのゲームがゲーム機本体にダウンロードされる。

そしたら、もうその紙は完全に意味のない紙になり、ゴミ箱へ。

そしてこのゲームソフトの箱が完全に何も入ってない箱になる。空気しか入ってない。この箱を捨てるか悩んだけど、好きなゲームなので部屋に飾りたいと思って棚に入れた。

しかし、もしそこまで好きなゲームじゃなかったらこの箱は邪魔だし、捨ててたはず。

 

これと一緒だとは言わないけど、CDもこういう事なんだろうなーと思った訳です。

ちなみにiPhoneを買った時のあのカッコイイApple社のケースを捨てる人もいるけど松原はAppleが好きなので置いとくタイプ。(←だから何やねん)

 

ただ、松原はCDに人生を変えられ、CDにドキドキワクワクし、CDが青春だったのでCDが神格化されてるけど、そうじゃない人にとっては“音楽の単なる入れ物”かもしれない。

 

なので必死でそんなCDを売ろうとするのは、もう古いと思わざる得ない。

でも誤解なく。松原もレーベルをやってるし、アーティストのマネージメントもやってるのでCDは売りたい。

CDの売上はアーティストのわかりやすいランキングだし、未だにセールス枚数はメディアを動かせる大事な数値なので売れるにこしたことない。もちろん利益的にも。

だから好きなアーティストのCDは買った方がアーティストの為になるので買える人は買って欲しい。

ジャケットもブックレットもアーティストの作品の一つだしね。

でも音楽業界の人間としてCDの売り上げに頼るのは今の時代、もうナンセンスだし、CDを買わせる事を強要してはいけないと思う。

「CDが売れないから、色々な事をしなきゃいけないんです。」って言ってるレコード会社さんの言葉にも違和感がある。

 

なのでメディアセールス以外でアーティストを守るのが我々の今の使命であり、やりがいのある腕の見せ所。

むしろ昔のCDの売れ方がおかしかったし、そのせいで音楽業界がややこしくなったと思っている。

その時代にたいした努力もせずに踏ん反り返ってアーティストが手にするべき営利を貪ってた奴はどんどん淘汰されていったらいいし、もっとシャープでシンプルな音楽業界になる事を期待してる。

昔の価値観を悪く引きずってる人間に新しいものを作ったり、改革や革新を生む事は出来ないしね。

 

こうやって文字にするのは語弊もあるだろうし、なかなかちょっとあれだけけど、「どうせいつ死ぬかわからんねーし、まいっか。」って思って書いてますw

 

なので松原は好きなアーティストのCDはこれからも買いますが、みなさんはそれぞれの方法で音楽を聴いて、YouTubeや Spotifyなどサブスクリプションでどんどん好きなアーティストを発見して、そして!その中でも特に応援したいアーティストのCDを買ってくれたらいいなーと思います。

 

あと、その発掘の重要な場所であるYouTubeでワンコーラスしか見れないMVの事は、みんなどう思ってるの?

 

松原は凄くイヤ。ご飯を食べ終わってないのに、店が閉店するみたいな気持ち。

とは言え、これも様々な考え方があるので音楽業界にいると何とも言えない気持ちになる。

 

YouTubeにフル尺で楽曲を公開する?しない?

それは、アーティストのCDを売りたいのか?アーティストを売りたいのか?

曲が流行ればいいのか?それともCDを売りたいのか?CDが売れなくてもライブで盛り上がればいいのか?

 

そんな葛藤がうずまく。

 

ややこしいけど、ここで最終的に思うのは、やっぱライブのいいバンドが1番なんだと改めて思う訳です。

ライブのいいバンドはごちゃごちゃ言わないし、ライブのいいバンドは死なない。

 

あと、、松原も死なない。(はず)

 

ある意味、今の時代で音楽をしているアーティストは素晴らしいチャンスがゴロゴロ。

東京に行かなくても神戸でも地方でもアーティストの好きな街で活動が出来る時代だし、あまり儲からない業界だと守銭奴たちが居なくなるので、クリーンでいいです。

そして大人がアーティストを操るのでは無く、アーティストが大人を操る時代になり、アーティストがマネージメントを雇って、アーティスト中心になってビジネスが回る。

なんて素晴らしく、健全な世界。

そうやってミュージシャンに夢のある世界にしないと新しい素敵な音楽が生まれて来ないかもしれない。

 

ちなみに松原はカッコいい音楽を作って、なおかつ人もカッコよくて、そしてそのバンドにドラマが見えるそんなミュージシャンが好きだし、一生かけてサポートしたい。

 

とにかく言い出したらもうキリが無いのでこの辺で辞めときます。

先日の「悔しい事件」からなんか変なスイッチが入っててすみません。

 

今日も、ちょっとまとまり無いブログになっちゃいましたが、何となく言いたい事が伝われば嬉しいです。

 

そんな以上を読み終えて皆さんが思ってくれた事は手に取るように松原は解ってますよ。

これからの音楽業界やCDについて熱く沢山語らせてもらい、松原の届けたい想いや情熱を受け止めた皆さんは、手に汗握り、きっとこう感じながらブログを読んでいたと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「今日のブログなっげ…(;´д`)」

 

“CDは好きですか?” への9件の返信

  1. 今日のブログなっげ!って思いましたが、松原さん文章書くの上手いからスラスラ読めるんで全然苦じゃないし、そろそろ更新されてるかな?って1日に何回もアクセスしてしまうくらい毎日楽しみなんで、これくらい読みごたえある方が満腹になっていいです(人´ω`*).☆.。.:*・゜

    私も松原さんと同世代なので、好きなアーティストのCDを買う事にいつもワクワクしてます。

    でも、田舎に住んでる為いちばん近くのCD屋さんへはバスと電車を乗り継いでも1時間以上かかるので、ついついネット通販に頼ってしまうので、発売日前日にCDショップに行くというワクワク感は薄れてしまっていますが、好きなアーティストの新作CDはまず歌詞カードを先に読んでから聞いてます。

    曲を知らない状態で歌詞の世界を想像して、イメージ膨らませて聞くと想像通りだったり、はたまた予想外だったり、2度美味しい感じがするんですよね( ᵕᴗᵕ )

    あと、グッズの売り上げもバンド活動の支えになると何かで読んだ事があるので、好きなアーティストのライブに行ったら何かしらのグッズは買うようにしています。

    とにかく良いな!好きだ!と思ったらライブに行くようにしているので、好きなアーティストは数え切れないほど居るんですが、ずっと飽きずに長年好きでいるアーティストはやっぱりライブが良いんだろうなってつくづく思います。
    良いバンドは死なないし、当然松原さんもそんな簡単に死ぬ訳無いです!!

    …ついつい熱くなってしまいました(。-∀-。)

    私もコメントなっげ!!。・*・:≡(「・ω・)「

  2. メッチャ楽しいライブはあっとゆーまに終わった感じがしてならないんですけど、松原さんのブログが長くてもそれと同じような感じやと思います(*´∇`)
    イベントの物販でCDを買うて帰りの車で聴くのが結構好きなんでやっぽりCDは買うてまいますねー

  3. CD買いますよ、年間50〜100枚ぐらい
    ライブハウスで買うことが半分ぐらい?いいライブみたらやっぱり音源欲しくなるし、配信すらされてないようなインディーズバンド大好きなんでw
    チケット代とは別にいいライブ見せてくれたらそのバンドにお金使うようにしてます

    ちなみにサーキットイベントなんかで配ってるサンプリングCDも全部ちゃんと聴くし取ってあります(笑)

  4. 今回、紹介されたCDやDVD、何枚か同じの買いました。いろいろ重なり、ギャー破産するぅとか思いながらw

    ハイスタLiveモードなので、今のところハイスタしか観たり聴いたりしてないけど、好きなバンドは発売日に欲しい!豪邸に住んでるわけじゃないから、CDやDVDの収納に苦悩しながらも買っちゃう。

    思いもかけず松原さんの名前を発見して、おお〜ん。゚(゚´ω`゚)゚。と感動できるのもCDが手元にあってこそ。

    アホぅな人間のせいで、ガンが進行したら悔しすぎるので、好きな音を聴いて身を清めて、今日もトーリセルに頑張ってもらってきてください!

  5. CD、若かりし頃はお金が無くレンタル活用してましたが、今は家計が許す限り、出来るだけ買ってます。
    店舗特典につられてお店に行くようになりましたが、最近は店員さんの推しPOPが楽しみで、タワレコ出没率も増えました!

    音楽好きが熱く語ってる文や空間、良いですよね!松原さんの長い語りも大好きです。私は音楽にホント救われたって思うことがあるので、自分なりにお返ししたい気持ちがあって。
    色んなCDを自分の周りに広められたらなーって思ってます!

    YouTubeワンコーラスについては、元々知ってるアーティストならともかく、新しく知りたいアーティストなら、私はCD購入やライブに行くまで至らない事がほとんどです。印象があっさり消えるというか。色々各事務所で取り決めなどもあるのでしょうが…。

    今日は金曜ですね。超回復祈ってます!

  6. え??警察の方に、酷い言葉を浴びせられたんですか??まじでか!!警察の野郎!!!あいつらこそ、もっとちゃんと仕事しろよ!!!
    十数年続いてるイベントを失敗だなんて!!どこが?!?
    募金してくれたみんな、出てくれてるアーティストさん、このイベントに携わってる人すべてを否定したと同じですよ!!あ、なんか腹立ってきた!!くそーーー!!!仕事しますっ!!!

    ちなみに私もappleのケース置いとく派です。で、邪魔で大掃除で捨てられるっていうね・・・

  7. CD 赤字(´・ω・`)か。。。。しょんぼり。
    好きなんだけどな~。
    ジャケットのデザイン誰が書いたか想像したり、歌詞を勘違いしてたの発見したりとか。
    演奏者別にじっくり聴いてみたりとか。とかとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です