救世主

 

いきなりですが、

今年で13回も開催したCOMIN’KOBE。

 

 

2005年に色んな神様の悪戯でw、このイベントが誕生した奇跡から、2006年の雨の中の感動と警察との約束や、2007年に開催一ヶ月前に会場が使えなくなったあの最大の危機や、2010年にイベント名を変更する事になった裏側の危機や、2014年に会場として使用させて頂いていた大学が閉校して開催場所が無くなった危機や、翌年新会場のレンタル費用が巨額でクラウドファンディングを行なった時の危機など、振り返っても本当に13年間も続けられた事に驚くばかりです。

漫画の世界ばりにピンチが襲ってきて、その度に色んな救世主が現れて助けてくれてきました。

そして2016年3月に僕、松原に末期ガンが発覚し、現在COMIN’KOBEが続けられるのかという危機の真っ最中!苦笑

 

 

今朝、健さんと少しメールのやりとりをさせて頂いて、また当日の感動がこみ上げて、COMIN’KOBEの本の横に飾ってるこの家宝を見て、またウルウルしてます。

2017年の救世主。

本当に感動したな〜

 

 

 

早く良くならなくては。

 

 

そしてこの本を見てると2005年からの事も蘇ってきて、またウルウルします。笑

 

改めてこの数え切れない危機や奇跡を全て本に記録してくれた山手大学の小野田教授に心から感謝してます。

著者の小野田教授は2007年の開催危機を救ってくれた救世主であり、COMIN’KOBEの今の形を作ってくれた先生であり、そしてそこからずっと一緒にこの奇跡を目の当たりにしてきた戦友(恐縮ですが…w)です!

年は離れているかもしれませんが、ずっと一緒にロックしてます!笑

 

是非、書籍「COMIN’KOBEの奇跡」をまだお読みでない方は読んでくださいねー!

http://shop.comingkobe.com/?pid=117246943

 

僕は直接聞けてないんですが、

この言葉を見て、強烈に胸も目頭も熱くなりました。本当にそうだと思う。なんてかっこいいんだ!

なのでこのCOMIN’KOBEに来てくれて、めっさかっこええあのバンドのみんなの音楽にケツを蹴り上げられた人が、世界を良く変えてくれたらイベント冥利に尽きます。

そんな風になればステキやな〜と思います。

 

 

 

という事でここ話しの続きは、5/30に太陽と虎で小野田教授や2005年からの救世主ガガガSPコザック前田氏たちとCOMIN’KOBEアフタートークイベントがありますので、是非時間あれば来てくださいねー!

バラエティーに番宣で出てる役者ばりの告知でした!サラダバー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です