胃カメラ

今日は人生でトップクラスの苦手なもの「胃カメラ」の日。

激しい胃痛が抗ガン剤の副作用なのか?それとも関係ない全く違う胃の病気なのか?何にせよ胃カメラを飲まないと始まらない。という事でこの胃痛からお別れする為に人生で最も嫌いな胃カメラを飲みます。

 

しかし胃カメラをする事が決まった先週の金曜日から今日までの一週間は胃痛がほぼゼロ。

 

胃のヤロウ…(ꐦ°д°)

 

 

今朝になって胃カメラが嫌すぎてキャンセルを考えたけど、この胃痛からお別れする為に勇気を出して病院へ。

案の定、この世のものとは思えない苦しさ。信じられない。もうこれなら胃が痛くてもいいやって思うぐらい苦しい地獄の10分弱。

終わった後も苦しさの余韻で無気力に。

 

そんな辛い胃カメラの結果は…

 

「全く異常なし。むしろ綺麗な胃ですね。」

 

えええええ!?そんなワケあるかーーい!

しかし胃は全く異常なし。では一体なぜこんなに胃痛で苦しむのだろうか。

「胃潰瘍などがもしあって、この一週間で治ったとしたら絶対に跡が残るので、本当に謎ですね。」

主治医も首をかしげるばかり。

全く綺麗な胃で、あったのは15年前のピロリ菌によって出来た十二指腸潰瘍の跡だけ。

謎が謎を呼び、スッキリしない結果。でも何も無くて良かったけど、やっぱりスッキリしない。

潰瘍でもあって、この一週間で治ったみたいですね。的な結末なら納得するけど全く何の跡も無いとなると、あの苦しみ続けた胃痛は何だったんだろう。

 

原因はなんだったのか?超悩む…。とっても悩む。胃が痛くなりそう。

改めてなりたい自分になる

先日の悲しいニュースがあって、沢山の方から「松原は大丈夫?」って連絡を頂きました。

癌の発覚から2年8ヶ月の闘病だったみたいですね。

松原は今で発覚から1年3ヶ月経過。ホントにどこまで生きれるか解りませんが、癌と闘ってる人の心の支えだったと思うとこの悲しいニュースが与えた影響は計り知れないでしょうね。

こんな松原でもちょこちょこと同じ病の方から「励みになってます」的な事を言って頂けるのでその何百倍の希望を背負ってらっしゃったんだと思います。

松原もニュースで知る言葉を聞いて凄い徳の高い方だなーと感じてました。

 

 

「なりたい自分になる」

 

 

この言葉はとてもその通りだと改めて思っていて、病気になる前はみんなもしかしたら、ずっと仕事の上でとか社会の中でどうやって役に立って頑張って自分の位置を築くかを考えてると思うけど、いざイキナリ「もう死ぬかも」ってなった時に色々悩んで悲しんでその当然の感情を一周回って落ち着いて来たら「どうやって死ぬか」みたいな“死に様”的な事を考えだすと思うんです。

そうなった時に自分がどんな人格者で死んで行くか。

 

幼少期に見たアニメの主人公や、大好き映画の主人公、ドラマのヒーローやヒロインなど「こんな人間になりたい」って心のどっかで思っていて、具体的にそれをなぞって自分の生き方を見直してみる。

そこにある理想の自分。

この自分になりたい。なる。なってみせる。

残された時間がどれぐらいあるか解らないけど、そうやって人間の中身のもっと中の部分を磨いて、誰かの心の中に居させてもらえる、誰かにとって忘れられない存在になりたいと願うんだと思います。(目を細めながら斜め上を向いてキメ顔で)

 

そしてとても共感してるのは「可哀想」とか思われたくない。

松原は38歳になったばかりですが「お若いのに可哀想」みたいな表情で見られたら「いや、同情すな。癌になったけど、お前より幸せやわ!」って言い返したくなるw

 

今、神様みたいなヤツが現れて「はい。君、頑張ったからもっかい人生を最初からやり直しさせてあげるね。で、今の人生をもっかい送るのイヤやったら、違う人の人生でやり直し出来るボタンもあるけど押す?」

って聞かれても押さないもんなー。「この人生リピートで。」って即答するぐらい最高に楽しかったし、これからの時間もそれなりにワクワクしてます。

 

なので「身体は癌に侵された」けど、「人生は癌に侵されたわけでは無い」

 

沢山のある人生のトピックスの中の1つが癌なだけで、人より人生がちょっと短く終わるかもしれないけど、100巻とか50巻以上ずっと続いてる「こち亀」や「ONE PIECE」も面白いけと10巻ぐらいで終わる「DEATH NOTE」や30巻で終わる「スラムダンク」もどっちもちゃんと面白いもんなー。

と言う事で、強がりでは無くきっと松原だけでなく色んな病気で闘ってる人は「病気になった事は悲しいけど、別に人生は幸せ」だと思いますのでどうか勝手な同情はご遠慮頂き(笑)、変わらずお付き合い頂けると幸いです。

命の更新をしっかり続けて明日も生きてる事に感謝して過ごします!人生サイコー♪いやっほぉ〜い( ̄∇+ ̄)vキラーン追伸:同じ6月が誕生月の息子くん(長男)も遂に17歳になりました。

SSTV COMIN’KOBE特番放送

先日6/20放送のSPACE SHOWER TV「COMIN’KOBE特番」は見て頂けましたかー?松原は放送を見れてないんですがオフラインと言って完成前のチェック映像は見させて頂きまして、ひとりで部屋で滝涙。

COMIN’KOBEの当日はどうしてもトラブルや様々な対応があり、ただでさえ何組も同時に複数ステージで演奏しているのでライブをほとんど見れません。(悲しい)

なのでこう言った放送で初めて当日のライブを見る事が多いのですが、KNOCK OUT MONKEYがMCで神戸バンドとして「ご来場ありがとうございました!」と叫んでくれたり、フレデリックの映像からでも伝わるとんでもない熱さとライブの成長や、アルカラやガガガなど神戸バンドみんなの郷土愛の強さを感じて本当に嬉しくて号泣。

なおかつ10年以上の付き合いのmass of the fermenting dregsや新生のドラマチックアラスカや、これから期待の新人パノラマパナマタウンなど神戸アーティストを沢山放送してくれた事がSSTVのこのイベントの思いをくみ取ってくれた形だと感じてまた涙。

10-FEETも8年間ほどの念願の念願の出演で1ファンとしても本当に大事件だったし、SiMのMCでもまた改めて滝涙。そしてもちろんハイスタの登場には改めて!改めて激涙で、よもや脱水症状。あぶなく世界初の死亡原因 泣きすぎ になる寸前。

The BONEZも今年実は割と急遽出演してくれる事が決まり、その時に色々な想いで今回ワールド記念ホールのサブステージのトリをお願いしました。今まで基本的に各ステージのトリは神戸バンドに任せて来たけど、去年のCOMIN’KOBE16終わりで同番組のディレクターから「The BONEZからビデオレターを撮影してきたんです。」って言われて終演後のバラし中に見せてもらいました。めっちゃ嬉しかった。来年出てもらいたいと思った!

そして実は太陽と虎というライブハウスのオープン前に諸事情で幻のこけら落としライブを行ったのはなんとThe BONEZのリズム隊2人がやっていたPay money To my Painなんです。そして亡くなってしまったそのバンドのボーカリストへの想いも膨らみ、どうしてもThe BONEZに重ねてしまっていて…。そして今年の頭に久々にThe BONEZのボーカルJESSEとゆっくり話して、改めて同じシングルファザーとしてリスペクト。ハイスタの後にライブをしてもらうのはガガガとThe BONEZだと思った。

とまあ、あげだすと全バンドの数だけストーリーがあるのでキリが無いけど、そんなみんなとの思いを蘇らせながら見てると本当に涙無しでは見れない訳どす。いつかどっかで語りたいどす。

見られてない方はリピート放送もあるらしいので機会あればご覧くださいー!

 

そして最近と言えば毎日、胃痛と戦いながら基本1日中寝たきりで、日曜日は息子くんの学園祭に行ってライブ鑑賞。SiM、マイファス、coldrainをコピーしつつ、ラストはROTTENGRAFFTYの金色グラフティーw

なかなか楽しいひと時。

そして翌日は読売テレビのCOMIN’KOBE特集を放送してくれたディレクターと打ち上げを兼ねて麻雀。ガガガSP山本も呼び出し、学園祭の代休の息子くんと4人で朝からひたすら麻雀。胃が痛みながら麻雀。

あとはSpotifyで音楽聞きまくったり、NETFLIXでずっとジョジョの奇妙な冒険を1話から永遠と見て1日過ごしてます。

昨日と今日は胃が調子良くて、動けそうですがいつ胃が痛むか解らないので怖くて、結局寝て過ごしてます。涙

 

胃の調子がこのまま良くなったら、同じく暇してるガリガリガリクソン君を誘ってどっか遊びに行こーかなー。(もちろん禁酒)

 

心の声

胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイたまに腹もイタイでも基本胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイ でもいつもは君とイタイ   とかシャレ言ってる場合じゃなく胃がイタイ胃がイタイ胃がイタイ 女はアタイ 男はシタイ 死んだらイタイ でも結局ずっと胃がイタイ(;´༎ຶД༎ຶ`)

松原の胃 1(ワン)

どうもー!COMIN’KOBEの事を全然触れないCOMIN’KOBEのブログへようこそ!実行委員長の松原です!

と言う事で一昨日はめでたい誕生日でしたが咳をしてたら、久々に口からゴボっと変な物体が飛び出てきた!

そう、少し前によく吐いていた癌である。(昔の記事参照!)

久々に癌と対面!写真載せたいけどグロいのが嫌いな人の為に自粛します。

それからドボドボと血を吐き、血の誕生日となりましたー!

それから心なしか咳がまた増えてきたそんな昨日は朝からCOMIN’KOBEとは関係ありませんがとっても重要な打ち合わせで、久々にスーツに袖を通して出社!

2時間以上の打ち合わせを経て、終了!クタクタ!

そして一回家に帰って着替えてから、自宅より徒歩5分のうどん・そばの名店「たつや」でランチ。

ここは行列の出来る知る人ぞ知るお店でなんと中学の後輩がやっているのです(≧ω・)

打ち合わせが長引いてくれたお陰で昼時を越えて、並ばずに入れた松原は名物のエビフライカレー

 …を頼まずに天ざるそばを食す。

(↑写真はWebから拝借)

相変わらず絶品でそば好きの松原は大満足な上に、誕生日祝いでご馳走になっちゃったので超上機嫌!

朝から激しく痛んだ胃痛も吹っ飛び、家でちょいと休憩してからtricotが太陽と虎でライブなので再度三宮にカムバック!冷やかしに参上!

いつのまにかTVスターになったイッキュウ含めてみんなに久々の再会。相変わらず大人をおちょくって来るふざけた3人だが、嫌いじゃないのでワイワイ遊んでもらって楽しかった♪

そしてガガガSP前ちゃんと久々に対談です!SPICEと言うネット媒体にて長田大行進曲やCOMIN’KOBEの事を大いに語らせてもらいました!

数年前はしょっちゅう前ちゃんと対談してたけど、なんか久々で、改めて楽しい時間でした。是非みなさんご覧くださいねー!

そんなこんなですが、とにかく今の悩みと言えば胃が痛いこと。今日も要所要所で胃が痛い。

ほんっっっとにコレはたまらん(>_<。)

あかん、もう救急で病院に行こう!

って思ったらいつもちょっとずつマシになって、もうちょっと様子見ようとなってもうずるずる3ヶ月ほど。

この胃痛だけどうにかしないとQOL(クオリティーオブライフ)が保てない。

最近は風呂に入って温まるとマシになる気がするので胃痛が始まったら銭湯に行ったり、空腹だと痛む気がするのでヨーグルトなど食べて常に胃に何か入れて痛みを紛らわす日々。

この痛む胃との関係は、ずるずる引きずる不倫関係みたいです。←やっぱ全然違う。

早く断ち切りたいけど、胃痛を治すのは恐らく抗がん剤の影響なので抗がん剤を止めるしか無い訳で、それも出来ない。がんを取るか胃痛を取るかみたいな状態。

もちろん胃薬も貰ってるけど抗がん剤が原因なので効く訳が無いので気やすめ程度。

遂に昨晩は胃が痛すぎて夜は抗がん剤を飲むのを止めてしまった。

このまま胃痛に負けてリタイヤするのか!?それとも胃痛と戦い続けるのか!?

とりあえず結末の前に今、また胃が痛くなって来たので、先に今日のブログをここでリタイヤしまーす!

続きは「松原の胃2(ツー)」にて!

サラダバー!

社員旅行に行ってきました。そして今日は誕生日でした〜

我慢出来なくなって来たので言いますが、恐らく抗ガン剤の副作用で胃が痛すぎて耐え難い!

毎日1回は最低でも襲ってくる胃痛。

激しい時は半日痛みが続き、ずっとうずくまるのみ。

腹痛もあるけど、これは全然我慢出来る!けど胃痛は本当に堪らない。腹痛だけが襲って来た時はラッキーって思える程。

胃薬も処方してもらったけど全く効果なし。このまま胃の痛みが続くなら抗ガン剤を止める事も視野に入れつつ、もう少しだけ我慢してみようと思ってます。

 

そんなこんなで副作用から逃げる為に抗ガン剤を休んで、昨日までの2泊3日で社員旅行in沖縄に行ってきました〜

めっちゃくちゃ楽しかった!とにかく笑いまくった2泊3日。

雨の中でBBQしたり、ビーチやプールで遊んで、そして本日誕生日の松原ですがスタッフのみなさんから一足早くバースデーケーキと「生まれた時間が彫られたシルバーネックレス」をプレゼントで頂きました!

そんなこんなで濃厚な旅行が出来て本当にありがたい。

またこうやって1歳、年を重ねられて嬉しい限りです。
時間の大切さを本当に感じてる日々。
そして癌になってみてスタッフのみんなの成長を感じれて、癌になっても悪いことばかりじゃないな〜と実感した2泊3日でした。本当に楽しかった!みんなありがとう!

ちなみにこの旅行で一番笑ったのは
2日目の夜、酒に酔い狂ってゾンビ化したROTTENGRAFFTY N∀OKIくんがホテルのみんなの部屋を襲って、それに逃げ回るスタッフ(特に女子たち)のリアルホラー映画体験が最高にスリリングで爆笑。

ちなみに捕まったら酒を飲まされて同じく酒乱ゾンビへとなり凶暴化する。
ROTTENGRAFFTY HIROSHIくんや太陽と虎/風次などが続々とゾンビ化して、皆を恐怖に陥れる。

徐々に賢くなり、ドアの覗き穴に映らないようにチャイムを鳴らしたり、ベランダから侵入したり、本当にリアルなホラーw

人間と酒乱ゾンビとの戦いは続き、そして彼らは日の出と共に理性を取り戻した。 〜THE END〜

過酷な闘病生活

いまだにCOMIN’KOBEの余韻が活力になってしまってる日々ですが、最近も過酷な闘病生活を送っております。

まず事務所の模様替え!

太陽と虎、パインフィールズのみなさんは今日もハイテンション(ノ^∇^)ノ

そしてもう10年以上の付き合いになってしまった神戸のミュージシャン今村モータースの初のホールワンマンライブ!

前進のバンドが大好きで未だに「あの時、解散させなかったらRADWIMPSぐらいになってたんじゃないかなー」と思うぐらいいいバンドで、そのバンドが解散した時に音楽を諦めないと言ってエレキギターだった彼はエフェクターとか売ってギターをアコギに持ち替えて弾き語りミュージシャンを続けてる。

そしてこのワンマンライブは1学期の終わりみたいな一旦の成績発表みたいな空気。

そして関わったみんなが集まっていて、同窓会みたいな。

久々に会う人はもちろん、仲間の嫁さんや子供など、普段会えない人にも会えて、今村モータースの結婚式とか発表会に集まった保護者たちみたいな空気。

諦めなければ夢は叶うなんて無責任な事を絶対に言いたくないし、実際夢は叶わないことが多いけど、この1学期の通信簿は音楽の神様に褒めてもらえたんじゃないでしょうか。

まだまだ道半ば、突き進め!

 

そんなあったかい気持ちを貰って、翌日は全国のライブハウスの先輩たちとカントリーロードというフリーペーパーを作っていたんですが、一旦終了していてその同窓会&松原を心配する会in神戸。

千葉LOOKサイトウさん、大分TOPS坪井さん、松山サロンキティー伊賀さん、横浜FAD廣畑さん、水戸ライトハウス稲葉さん、盛岡CHANGE黒沼さん、そして太陽と虎の松原と哲平と村上で神戸牛を食べるというパワハラw

前にも語ったのですがライブハウスが大好きな松原はそのライブハウスシーンを支えてきた皆さんとこうして会えるのは本当に嬉しい限りですし、全国で同じ悩みや葛藤や充実感を感じてる人がいるという事はライブハウスをやっていく中でとても励みになってます!

みなさん、松原を心配するふりして神戸牛を食べに来てくれてありがとうございました!m(_ _”m)

 

そしてその翌日は書籍化したCOMIN’KOBEの歴史本の出版記念イベント!

とにかく喋り続けた3時間。

COMIN’KOBEの1年目からトリを務めてくれているガガガSP前ちゃんに2007年から実行員としてCOMIN’KOBEの礎を築いてくれた山手大学小野田教授と3人で尽きないCOMIN’KOBEの話し。

ご来場頂いたみなさん、ここで聞いた話しは他でしないでねwwwwww

終わってからはCOMIN’KOBEの減災ヴィレッジのスタッフの皆さんで集まって打ち上げ!

去年は700万円だった募金が今年は1200万円というミラクルな数字を叩き出したレジェンドな学生スタッフたち!

他にもクローク班、ポートライナー班などミラクルな結果を残してくれて山手大学の学生が毎年繋いで来た経験が今年は大成功を作りあげた!

老舗の焼き鳥屋のタレみたいに注ぎ足し注ぎ足しで出来たこのマニュアルをまた次の代に託してねー!

そして6/1はTHE SKIPPERSが8/6に開催する初の野外イベントPUNK THIS TOWNのミーティング!

からのFM802開局日を冷やかし&宣伝に。

沢山の花と共にFM802開局28年おめでとーございます!

 

からの、ガウガウな先輩の挨拶する為にZeppOsaka Baysideへ。

といいつつJimmy Eat Worldが大好きなバンドTOP10に入るぐらい好きで、それが本命で来た訳では無い!

1曲目からBleed Americanで最後のSweetnessからMiddleはヤバいー( ̄∇+ ̄)v

なんて、セットリストだけで大興奮してません…

 

そんなこんなで副作用の胃痛に激しく苦しまされながら、辛く厳しいガンとの闘病生活を送っております。

みなさん、ご覧の通り、ガンとの戦いは過酷です。辛い日々です。どうかガン検診はこまめに行ってください。